ポルシェ911が“ダウンサイズ”で3リッターに【フランクフルトショー2015】

2015.09.07 自動車ニュース
「ポルシェ911カレラS」(左)と「911カレラ カブリオレ」(右)。
「ポルシェ911カレラS」(左)と「911カレラ カブリオレ」(右)。 拡大

【フランクフルトショー2015】「ポルシェ911」が“ダウンサイズ”で3リッターに

独ポルシェは2015年9月7日、3リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載する新型「911カレラ/911カレラS」の概要と写真を公開した。本国ドイツでは2015年12月に発売する予定。(911カレラ/911カレラSの詳しい写真はこちら)

「ポルシェ911カレラS」。リアエンジンフードのルーバーの向きが垂直方向に改められる。またリアコンビネーションランプのデザインも変更される。
「ポルシェ911カレラS」。リアエンジンフードのルーバーの向きが垂直方向に改められる。またリアコンビネーションランプのデザインも変更される。 拡大
ポルシェ911カレラ カブリオレ
ポルシェ911カレラ カブリオレ 拡大
新しい3リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンは、「911カレラS」で420psを生み出す。
新しい3リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンは、「911カレラS」で420psを生み出す。 拡大

■パワーは20ps強化、燃費は約12%改善

従来の911シリーズに搭載されていた水平対向6気筒エンジンは、911カレラが3.4リッター、911カレラSが3.8リッターで、ともに自然吸気だったが、今回のマイナーチェンジでいずれも3リッターのツインターボに改められる。

これに伴い、両エンジンとも最高出力が20ps強化され、911カレラが370ps、911カレラSが420psとなる。最大トルクもともに60Nm強化され(順に450Nm=45.9kgm、500Nm=51.0kgm)、どちらのエンジンでも1700rpmから5000rpmの回転域でピークトルクが維持される。同時に、燃費も12%程度改善される。

動力性能は、911カレラの0-100km/h加速が4.2秒で、最高速が295km/h。911カレラSは順に3.9秒と308km/h。

このほか、PASM(電子制御式可変減衰ダンパー)がすべての911カレラシリーズで標準装備となる。また、「911ターボ」や「911 GT3」に先行投入されていた後輪操舵(そうだ)機構が、911カレラSにオプションとして設定される。

(webCG)

→「ポルシェ911カレラ/911カレラS」の詳しい写真はこちら。

関連キーワード:
911, ポルシェ, フランクフルトモーターショー2015, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る