“クレイジーな色”のメルセデスAMG G63、発売

2015.09.08 自動車ニュース
「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited」(写真のボディーカラーはサンセットビーム)
「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited」(写真のボディーカラーはサンセットビーム)
    拡大

“クレイジーな色”の「メルセデスAMG G63」発売

メルセデス・ベンツ日本は2015年9月8日、特別仕様車「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited(クレイジーカラー リミテッド)」を発表。同日、50台限定で発売した。

トマトレッドの「G63 CrazyColor Limited」。
トマトレッドの「G63 CrazyColor Limited」。
    拡大
ソーラービームの「G63 CrazyColor Limited」。
ソーラービームの「G63 CrazyColor Limited」。
    拡大
ギャラクティックビームの「G63 CrazyColor Limited」。
ギャラクティックビームの「G63 CrazyColor Limited」。
    拡大
エイリアングリーンの「G63 CrazyColor Limited」。
エイリアングリーンの「G63 CrazyColor Limited」。
    拡大
「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited」のインテリア。
「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited」のインテリア。
    拡大

メルセデスAMG G63 CrazyColor Limitedは、544psを発生する「Gクラス」のハイパフォーマンスモデル「G63」をベースに、特別なカラーリングが施された限定車。通常設定のない全5色のボディーカラーが用意される。

オブシディアンブラックのコントラストペイントが施されたオーバーフェンダーや前後バンパー、ルーフ、ドアミラーカバーのほか、マットブラックに塗られた20インチAMG 5スポークアルミホイールも装備。強烈なカラーコントラストが演出されている。

一方、インテリアには、高品質なレザーシートやインテリアトリムがセットになった「designoエクスクルーシブ」を採用。ボディーカラーにマッチした色使いのステッチも特徴となっている。

ドアミラー下部のカメラが助手席側の死角となる映像をCOMANDディスプレイに表示する、「サイドビューカメラ」も備わる。

価格は2220万円。

ボディーカラーのラインナップとそれぞれの販売台数は、以下の通り。
・サンセットビーム(12台)
・トマトレッド(12台)
・ソーラービーム(9台)
・ギャラクティックビーム(11台)
・エイリアングリーン(6台)

(webCG)

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Gクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 専用22インチホイールを履いた「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車限定発売 2020.3.24 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年3月24日、「メルセデス・ベンツGクラス」に特別仕様車「AMG G63 STRONGER THAN TIME EDITION(ストロンガーザンタイムエディション)」を設定し、250台の台数限定で発売した。
  • ベントレー・ベンテイガ 2020.7.1 画像・写真 2015年9月にデビューしてからおよそ5年。リニューアルにより最新世代の「コンチネンタルGT」や「フライングスパー」に共通する内外装デザインが与えられたラグジュアリーSUV「ベントレー・ベンテイガ」が登場。その姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目に進化した。よりスタイリッシュになりながら悪路走破性もアップした新型の姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ/GLB200d 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツから新型SUV「GLB」が登場。手ごろなサイズで3列7人乗りを実現しており、プレミアムブランドならではの充実した装備も特徴となっている。スリーポインテッドスターのSUV製品群に加わった“新顔”の姿を、写真で紹介する。
  • インディアンFTRラリーに見るアメリカン・モーターサイクルの“いま” 2020.5.15 新時代の旗手 Indian FTR Rallyの魅力と実力<AD> アメリカ最古のバイクブランドにして、ダートトラックレースで圧巻の強さを誇るインディアン。鮮やかな復活を果たした名門のニューモデル「FTRラリー」は、アメリカン・モーターサイクルの新時代を感じさせる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る