三菱、軽商用EV「MINICAB-MiEV」を発売

2011.11.24 自動車ニュース

三菱自動車、軽商用EV「MINICAB-MiEV」を発売

三菱自動車は2011年11月24日、軽商用電気自動車「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」を12月8日に発売すると発表した。

「MINICAB-MiEV」は「ミニキャブ バン」をベースに、「i-MiEV」で得られた技術やノウハウを生かして開発された。ユーザーのニーズに合わせて選択できるよう、総電力量が異なる2種類の駆動用バッテリーが設定される(「CD 10.5kWh」:JC08モード1充電走行距離100km、「CD 16.0kWh」:同150km)。

経済産業省の補助金制度が適用された場合、実質的な車両価格は「CD 10.5kWh」が173万円から、「CD 16.0kWh」が202万円からになるという。販売方式は、現行のi-MiEVと同様に、リース、クレジット、現金販売に対応している。

2011年度(2011年12月〜2012年3月)の目標販売台数は4000台。メーカー希望小売価格は次のとおり。

・CD 10.5kWh 2シーター ハイルーフ 240万円 (写真)
・CD 10.5kWh 4シーター ハイルーフ 242万1000万円
・CD 16.0kWh 2シーター 標準ルーフ/ハイルーフ 295万円
・CD 16.0kWh 4シーター 標準ルーフ/ハイルーフ 297万1000円

(webCG 竹下)

関連キーワード:
ミニキャブ ミーブ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 ミニキャブ ミーブ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • 三菱が「ミニキャブ ミーブ バン」の装備を強化 2017.1.26 自動車ニュース 三菱が軽ワンボックスタイプの電動商用車「ミニキャブ ミーブ バン」を一部改良。充電中などに車外から空調を遠隔操作できる「プレ空調」機能を新たに採用したほか、運転席&助手席シートヒーターなどを標準装備とした。
  • 三菱、電気自動車用の電源供給装置を発売 2012.3.9 自動車ニュース 三菱自動車は2012年3月9日、電気自動車(EV)の電力を家電に供給する大容量の給電装置「MiEV power BOX」を発表。同年4月27日に発売する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
ホームへ戻る