三菱、軽商用EV「MINICAB-MiEV」を発売

2011.11.24 自動車ニュース

三菱自動車、軽商用EV「MINICAB-MiEV」を発売

三菱自動車は2011年11月24日、軽商用電気自動車「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」を12月8日に発売すると発表した。

「MINICAB-MiEV」は「ミニキャブ バン」をベースに、「i-MiEV」で得られた技術やノウハウを生かして開発された。ユーザーのニーズに合わせて選択できるよう、総電力量が異なる2種類の駆動用バッテリーが設定される(「CD 10.5kWh」:JC08モード1充電走行距離100km、「CD 16.0kWh」:同150km)。

経済産業省の補助金制度が適用された場合、実質的な車両価格は「CD 10.5kWh」が173万円から、「CD 16.0kWh」が202万円からになるという。販売方式は、現行のi-MiEVと同様に、リース、クレジット、現金販売に対応している。

2011年度(2011年12月〜2012年3月)の目標販売台数は4000台。メーカー希望小売価格は次のとおり。

・CD 10.5kWh 2シーター ハイルーフ 240万円 (写真)
・CD 10.5kWh 4シーター ハイルーフ 242万1000万円
・CD 16.0kWh 2シーター 標準ルーフ/ハイルーフ 295万円
・CD 16.0kWh 4シーター 標準ルーフ/ハイルーフ 297万1000円

(webCG 竹下)

関連キーワード:
ミニキャブ ミーブ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 ミニキャブ ミーブ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)【試乗記】 2011.5.24 試乗記 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)

    三菱の商用EV「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」試作車に試乗。電力不足のなかでの、EVの役割について考えた。
  • 三菱i-MiEV G(MR/1AT)/M(MR/1AT)【試乗記】 2011.9.7 試乗記 三菱i-MiEV G(MR/1AT)/M(MR/1AT)
    ……387万3500円/283万1100円

    マイナーチェンジを受け、ラインナップが拡充した「三菱i-MiEV」。電池容量が異なる「G」と「M」を、箱根で乗り比べた。
  • トヨタ・ハリアー【開発者インタビュー】 2020.6.13 試乗記 1997年の誕生以来、根強い人気を保ち続けるトヨタの都市型プレミアムSUV「ハリアー」。4代目となる新型は、日本的なセンスと乗り味を武器に、世界に打って出るグローバル商品となるという。開発を主導したキーパーソンに、そんな新型の“キモ”を聞いた。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • 第180回:新型コロナ下にクルマを買ふということ 2020.6.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第180回は「新型コロナ下にクルマを買ふということ」。メジャーなブランドが大幅に新車の販売台数を減らすなか、目立った動きを見せたブランドがあった! コロナ後の中古車市場に期待がふくらむ、注目のモデルとは?
ホームへ戻る