レンジローバーに新しい最上級グレードが登場

2015.10.02 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー SVオートバイオグラフィー」
「ランドローバー・レンジローバー SVオートバイオグラフィー」 拡大

「レンジローバー」に新しい最上級グレードが登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年10月1日、ラグジュアリーSUV「レンジローバー」の2016年モデルを発売した。

「SVオートバイオグラフィー」のリアビュー。
「SVオートバイオグラフィー」のリアビュー。 拡大
550psを発生する過給機付き5リッターV8エンジン。
550psを発生する過給機付き5リッターV8エンジン。 拡大
「SVオートバイオグラフィー」専用のフロントグリル。
「SVオートバイオグラフィー」専用のフロントグリル。 拡大
22インチ スタイル706 アロイホイール(7スポーク、ハイグロスポリッシュト・フィニッシュ)
22インチ スタイル706 アロイホイール(7スポーク、ハイグロスポリッシュト・フィニッシュ) 拡大
「SVオートバイオグラフィー」のインテリア。
「SVオートバイオグラフィー」のインテリア。 拡大
「SVオートバイオグラフィー」のインテリア。
「SVオートバイオグラフィー」のインテリア。 拡大
テールゲート・イベントシート
テールゲート・イベントシート 拡大
「SVオートバイオグラフィー」のエンブレム。
「SVオートバイオグラフィー」のエンブレム。 拡大

■最上級グレード「SVオートバイオグラフィー」登場

2016年モデルのレンジローバーには、新グレードとして「SVオートバイオグラフィー」が追加された。同車はジャガー・ランドローバー内の特別車両企画製作部門であるスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を手がけたもので、最高出力を550psに、最大トルクを69.3kgmまで高めたスーパーチャージャー付き5リッターV8エンジンを搭載。外装には専用デザインのフロントグリルや22インチのアロイホイールなどを採用している。

また、リアバンパーの下で足先を動かすだけでテールゲートを開けることができる「ハンズフリー・パワーテールゲート」を標準装備。オプションで、耐久性の高いアルミニウム・フレームとオックスフォード・レザーを使用したテールゲート・イベントシートを追加することができる。

これらを含む、SVオートバイオグラフィーの特徴は以下の通り。

<エクステリア>
・22インチ スタイル706 アロイホイール(7スポーク、ハイグロスポリッシュト・フィニッシュ)
・専用デザインのフロントグリル
・「SVオートバイオグラフィー」スクリプトバッジ
・デュオトーンペイント(オプション)
・グラファイトアトラス エクステリア・アクセントパック(オプション)

<インテリア>
・パーフォレイテド・セミアニリンレザーのユニークなシートデザインとステッチパターン
・ブライトクロムのアッパー&ロワードアハンドル
・収納スペースを追加したリアシートのセンターコンソール
・エボニーレザーフィニッシュの電動式テーブル
・ノール加飾が施されたスイッチ類
・テールゲート・イベントシート(オプション)

また、新グレードの追加を除く2016年モデルのレンジローバーの変更点は以下の通り。
・ハンズフリー・パワーテールゲートを全モデルに標準装備
・外装色に新色「ワイトモ・グレイ」「カルパチア・グレイ」を追加
・インテリアカラーの変更
・画質を向上させたリアビューカメラとサラウンドカメラシステムを採用

ラインナップと価格は以下の通り。
・レンジローバー 3.0 V6スーパーチャージド ヴォーグ(340ps):1339万円
・レンジローバー 3.0 V6スーパーチャージド ヴォーグ(380ps):1452万円
・レンジローバー 5.0 V8スーパーチャージド ヴォーグ:1617万円
・レンジローバー オートバイオグラフィー:1806万円
・レンジローバー 3.0 V6スーパーチャージド ヴォーグ ロングホイールベース(380ps):1515万円
・レンジローバー オートバイオグラフィー ロングホイールベース:1900万円
・レンジローバー SVオートバイオグラフィー:2858万円

(webCG)
 

関連キーワード:
レンジローバー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • 「ランドローバー・ディフェンダー110」に3リッター直6ディーゼルモデルが登場 2020.11.17 自動車ニュース 「ランドローバー・ディフェンダー」の2021年モデルが登場。5ドアの「110」に、新たに最高出力300PS、最大トルク650N・mを発生する3リッター直6ディーゼルモデルが設定された。既存の「S」グレードに加え、新グレードの「X」と「X-Dynamic SE」に用意される。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(後編)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 “これぞジープ”の味を守り続ける「ラングラー」と、新世代のオフローダーへと大胆な変身を遂げた「ランドローバー・ディフェンダー」。後半ではメカニズムの違いがもたらす走破性や乗り味の違いを考えながら、林道を奥へ奥へと進んでみた。
ホームへ戻る