タフなイメージのカローラ フィールダー発売

2015.10.02 自動車ニュース
「トヨタ・カローラ フィールダー“CROSS FIELDER”」
「トヨタ・カローラ フィールダー“CROSS FIELDER”」 拡大

タフなイメージの「トヨタ・カローラ フィールダー」“CROSS FIELDER”登場

トヨタモデリスタインターナショナルは2015年10月1日、「トヨタ・カローラ フィールダー」のコンプリートカー「“CROSS FIELDER(クロスフィールダー)”」を発売した。 

スキッドプレートをモチーフにデザインされたフロントスカート。
スキッドプレートをモチーフにデザインされたフロントスカート。 拡大
「MODELLISTA X-CLAW」と名付けられた、オリジナルホイール。
「MODELLISTA X-CLAW」と名付けられた、オリジナルホイール。 拡大
 
タフなイメージのカローラ フィールダー発売の画像 拡大

今回発売された“CROSS FIELDER”は、トヨタのコンパクトワゴン、カローラ フィールダーをベースに、クロスオーバースタイルのドレスアップが施されたコンプリートカー。

具体的には、スキッドプレートをモチーフにした前後スカートや、プロテクターのようなフェンダーガーニッシュ、オリジナルデザインのホイール「MODELLISTA X-CLAW(エクスクロウ)」などを装着することで、タフなイメージが演出されている。

一方、室内はブラックで統一。ルーフやピラーの内張りはブラックトリム化され、ピアノブラックのパネル類、本革巻きステアリングホイールが与えられる。

パワーユニットは、1.5リッター直4エンジン+モーターのハイブリッドと、1.8リッター直4エンジン、1.5リッター直4エンジンの計3種類。

以下の4モデルがラインナップされる。
・ハイブリッドG(FF/CVT):253万145円
・1.8S(FF/CVT):244万5709円
・1.5G(FF/CVT):217万1782円
・1.5G(4WD/CVT):231万3163円

(webCG)

関連キーワード:
カローラ フィールダー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カローラ フィールダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.2 試乗記 「トヨタ・カローラ」シリーズに燃費33.0km/リッターのハイブリッド仕様が登場。トヨタ伝統の定番車種は、ハイブリッドシステムを得てどんなクルマとなったのか。2泊3日の試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・カローラ フィールダー1.5G“W×B”(FF/CVT)【試乗記】 2015.6.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「カローラ」シリーズの中からワゴンモデルの「フィールダー」に試乗。23.0km/リッター(JC08モード)の燃費をうたう新型1.5リッターエンジン搭載車の“実用車力”を探った。
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • トヨタ・カローラ ツーリング ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.21 試乗記 2019年9月の発売以来、好調なセールスを記録している「トヨタ・カローラ ツーリング」。今や希少な国産コンパクトワゴンは、過去のモデルにはない新しさの中にも、広く受け入れられるスタンダードなキャラクターが感じられるモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る