ザ・ビートル仕様変更 新たなボディーカラーも

2015.10.10 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」仕様変更 新たなボディーカラーも

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年10月9日、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

今回、新たなボディーカラーが2色追加された。ブルーシルクメタリックが「ザ・ビートル デザイン」「ザ・ビートル ターボ」「ザ・ビートル カブリオレ」の3モデルで、ムーンロックシルバーメタリックが「ザ・ビートル デザイン」で選べるようになった。

また、App-Connect対応の純正インフォテインメントシステム「Composition Media」が、クーペ全車に標準で与えられた。

さらにザ・ビートル デザインには、オプションの「レザーシートパッケージ」が新設定された。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・ザ・ビートル ベース:234万円
・ザ・ビートル デザイン:264万円
・ザ・ビートル デザイン レザーパッケージ:343万9000円
・ザ・ビートル ターボ:339万円
・ザ・ビートル カブリオレ:395万8000円

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン」
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン」 拡大

関連キーワード:
ザ・ビートル, ザ・ビートル カブリオレ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の発表会場から 2016.9.21 画像・写真 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年9月21日、デザインや安全装備、インフォテインメントシステムをリファインした「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」を発売した。全8色のザ・ビートルが並んだ発表会の様子を、写真とともにリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ニュービートル カブリオレ(6AT)【試乗記】 2003.6.10 試乗記 フォルクスワーゲン・ニュービートル カブリオレ(6AT)
    ……333.0万円

    今年2003年のデトロイトショーでデビューを果たしたフォルクスワーゲン・ニュービートルカブリオレ。同年6月14日からわが国でも販売が開始され、さっそくプレス試乗会が開かれた。横浜に赴いた『webCG』記者は、しかし……。


  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル2.0 Rライン マイスター(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.15 試乗記 フォルクスワーゲンのスペシャルティーモデル「ザ・ビートル」の販売終了とともに、「タイプI」に始まった80年にもおよぶ「ビートル」の歴史が幕を閉じる。最後の特別仕様車「2.0 Rライン マイスター」に乗り“20世紀のアイコン”たる存在をあらためて考えた。
  • 80年の歴史に幕……
    フォルクスワーゲンの「ビートル」はなぜ販売終了に?
    2018.11.21 デイリーコラム 2019年に販売終了となることが発表されているフォルクスワーゲンの「ビートル」。オリジナルから数えて80年もの歴史を誇る希代のアイドル車が、市場を去るのはなぜなのか?
ホームへ戻る