GM、シボレー・コルベットZ06を一部改良

2015.10.23 自動車ニュース

ゼネラルモーターズが「シボレー・コルベットZ06」を一部改良

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年10月22日、「シボレー・コルベットZ06」に一部改良を実施し、注文受け付けを開始した。

今回の改良では、インフォテインメントシステムの機能を強化。新たに「Apple CarPlay」に対応した「MyLink統合制御ナビゲーションシステム」を標準装備とした。Apple CarPlayとは、携帯端末の「iPhone」を車載ディスプレイでコントロールできるようにする機能であり、Siri音声コマンドにより、電話をはじめとしたiPhoneの機能や、オーディオブック、Podcastなどのアプリケーションを、ハンズフリーで操作することができる。

また、モジュールのアップグレードによって処理スピードを向上させたほか、新機能として車両前方の映像を3分割で表示する「フロントカーブビューパーキングカメラ」を採用。「Z07パフォーマンス・パッケージ」装着車には、サーキットなどでのドライビングデータを記録する「パフォーマンスデータレコーダー」も用意している。

このほかにも、新たに「スウェーデッドマイクロファイバーラップドフラットボトムステアリング」や、クロム製のスタート/ストップボタン、トランクフードのオートクロージャーなどの装備が追加された。

価格は以下の通り。
・コルベットZ06(クーペ、7段MT):1425万円
・コルベットZ06(クーペ、8段AT):1442万円
・コルベットZ06(コンバーチブル、8段AT):1502万円

(webCG)
 

「シボレー・コルベットZ06」
「シボレー・コルベットZ06」 拡大

関連キーワード:
コルベット, コルベット コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • 東京オートサロン2020(ゼネラルモーターズ) 2020.1.10 画像・写真 8代目となる新型「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本初公開! 東京オートサロン2020のゼネラルモーターズのブースより、新しくなったアメリカンスーパースポーツの詳細な姿を、弟分「カマロ」の改良モデルともども写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • GMが新型「シボレー・コルベット」の予約受け付けを開始 価格は1180万円から1400万円【東京オートサロン2020】 2020.1.10 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンが東京オートサロンで新型「シボレー・コルベット」をアジア初公開。同時に予約受け付けを開始した。日本仕様には「Z51パフォーマンスパッケージ」が標準装備されるほか、「2LT」と「3LT」の2つのトリムが用意される。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.23 試乗記 ついにミドシップの新型が発表された「シボレー・コルベット」。“最後のFR”となることが確定した現行モデルとのドライブを通し、アメリカ伝統のスーパースポーツが革新の道を選んだ理由と、今日に至るコルベットの歴史に思いをはせた。
ホームへ戻る