GM、シボレー・コルベットZ06を一部改良

2015.10.23 自動車ニュース

ゼネラルモーターズが「シボレー・コルベットZ06」を一部改良

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年10月22日、「シボレー・コルベットZ06」に一部改良を実施し、注文受け付けを開始した。

今回の改良では、インフォテインメントシステムの機能を強化。新たに「Apple CarPlay」に対応した「MyLink統合制御ナビゲーションシステム」を標準装備とした。Apple CarPlayとは、携帯端末の「iPhone」を車載ディスプレイでコントロールできるようにする機能であり、Siri音声コマンドにより、電話をはじめとしたiPhoneの機能や、オーディオブック、Podcastなどのアプリケーションを、ハンズフリーで操作することができる。

また、モジュールのアップグレードによって処理スピードを向上させたほか、新機能として車両前方の映像を3分割で表示する「フロントカーブビューパーキングカメラ」を採用。「Z07パフォーマンス・パッケージ」装着車には、サーキットなどでのドライビングデータを記録する「パフォーマンスデータレコーダー」も用意している。

このほかにも、新たに「スウェーデッドマイクロファイバーラップドフラットボトムステアリング」や、クロム製のスタート/ストップボタン、トランクフードのオートクロージャーなどの装備が追加された。

価格は以下の通り。
・コルベットZ06(クーペ、7段MT):1425万円
・コルベットZ06(クーペ、8段AT):1442万円
・コルベットZ06(コンバーチブル、8段AT):1502万円

(webCG)
 

「シボレー・コルベットZ06」
「シボレー・コルベットZ06」 拡大

関連キーワード:
コルベット, コルベット コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • 東京オートサロン2020(ゼネラルモーターズ) 2020.1.10 画像・写真 8代目となる新型「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本初公開! 東京オートサロン2020のゼネラルモーターズのブースより、新しくなったアメリカンスーパースポーツの詳細な姿を、弟分「カマロ」の改良モデルともども写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • 8代目「シボレー・コルベット」が登場 ミドシップの駆動レイアウトを初採用 2019.7.19 自動車ニュース GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット」を発表。コルベット史上初となるMRの駆動レイアウトが用いられており、495hpを発生するエンジンと軽量ボディーの組み合わせにより、0-60mph(96km/h)加速3秒以下という動力性能を実現している。
ホームへ戻る