フェラーリが488スパイダーを日本初公開

2015.10.24 自動車ニュース

本邦初公開された「フェラーリ488スパイダー」。


	本邦初公開された「フェラーリ488スパイダー」。
	拡大

フェラーリが「488スパイダー」を日本初公開

フェラーリ・ジャパンは2015年10月23日、新型ミドシップオープンスポーツカー「488スパイダー」を日本で初公開した。価格は3450万円。

「488スパイダー」のリアビュー。スカイブルーメタリックのボディカラーは「ブルーコルサ」と呼ばれる新色。
「488スパイダー」のリアビュー。スカイブルーメタリックのボディカラーは「ブルーコルサ」と呼ばれる新色。 拡大
「488スパイダー」のインテリア。
「488スパイダー」のインテリア。 拡大
「488スパイダー」のシート。
「488スパイダー」のシート。 拡大

■歴代のV8オープンモデルで最も高性能

488スパイダーはクーペモデルの「488GTB」と同様に、670psと77.5kgmを発生する新型3.9リッターV8ターボエンジンを搭載する。0-100km/h加速は3.0秒、最高速は325km/h以上と、フェラーリの歴代V8オープンモデルの中で最も高い性能を誇る。

開閉可能なルーフ「リトラクタブルハードトップ(RHT)」は「458スパイダー」が採用したものを継承している。同様の構造のソフトトップルーフより25kg軽くでき、ルーフの収納容積を100リッターとコンパクトに抑えられるのが自慢。開閉に要する時間はそれぞれ14秒で、45km/h以下でなら走行中に開閉することもできる。

今回のお披露目式は極東地区における初公開イベントでもあり、フェラーリの極東エリア統括マネージングディレクターのディーター・クネヒテル氏が出席した。「パワフルな性能がもたらすオープンカーならではのドライビングプレジャーを、誰もがリラックスして楽しめるというのが488スパイダーのコンセプト。(V8ミドシップスパイダーでは)オープントップドライビングそのものに加え、遮るものがないダイレクトなエンジンサウンドや、2人乗車に十分な室内の快適性とユーザビリティーが高く評価されてきた」と、同車の魅力を語った。

(webCG)

関連キーワード:
488スパイダー, フェラーリ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • BMW M4カブリオレ コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2019.1.18 試乗記 最高出力450psの直6ターボを搭載するBMWのオープン4シーター「M4カブリオレ コンペティション」が上陸。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、これまでのMモデルとは違ったキャラクターが見えてきた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.12.26 試乗記 BMWのセダンをBMWのセダンたらしめてきたものといえば、ライバルとは一線を画した走りのスポーティーさだ。7代目となる新型「3シリーズ」は、歴代モデルが受け継いできたそのアイデンティティーを、一気に昇華させたモデルといえるだろう。スペイン南部、アルガルヴェで試した。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
ホームへ戻る