フェラーリが488スパイダーを日本初公開

2015.10.24 自動車ニュース

本邦初公開された「フェラーリ488スパイダー」。


	本邦初公開された「フェラーリ488スパイダー」。
	拡大

フェラーリが「488スパイダー」を日本初公開

フェラーリ・ジャパンは2015年10月23日、新型ミドシップオープンスポーツカー「488スパイダー」を日本で初公開した。価格は3450万円。

「488スパイダー」のリアビュー。スカイブルーメタリックのボディカラーは「ブルーコルサ」と呼ばれる新色。
「488スパイダー」のリアビュー。スカイブルーメタリックのボディカラーは「ブルーコルサ」と呼ばれる新色。 拡大
「488スパイダー」のインテリア。
「488スパイダー」のインテリア。 拡大
「488スパイダー」のシート。
「488スパイダー」のシート。 拡大

■歴代のV8オープンモデルで最も高性能

488スパイダーはクーペモデルの「488GTB」と同様に、670psと77.5kgmを発生する新型3.9リッターV8ターボエンジンを搭載する。0-100km/h加速は3.0秒、最高速は325km/h以上と、フェラーリの歴代V8オープンモデルの中で最も高い性能を誇る。

開閉可能なルーフ「リトラクタブルハードトップ(RHT)」は「458スパイダー」が採用したものを継承している。同様の構造のソフトトップルーフより25kg軽くでき、ルーフの収納容積を100リッターとコンパクトに抑えられるのが自慢。開閉に要する時間はそれぞれ14秒で、45km/h以下でなら走行中に開閉することもできる。

今回のお披露目式は極東地区における初公開イベントでもあり、フェラーリの極東エリア統括マネージングディレクターのディーター・クネヒテル氏が出席した。「パワフルな性能がもたらすオープンカーならではのドライビングプレジャーを、誰もがリラックスして楽しめるというのが488スパイダーのコンセプト。(V8ミドシップスパイダーでは)オープントップドライビングそのものに加え、遮るものがないダイレクトなエンジンサウンドや、2人乗車に十分な室内の快適性とユーザビリティーが高く評価されてきた」と、同車の魅力を語った。

(webCG)

関連キーワード:
488スパイダー, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ 488スパイダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
ホームへ戻る