フェラーリが488スパイダーを日本初公開

2015.10.24 自動車ニュース

本邦初公開された「フェラーリ488スパイダー」。


	本邦初公開された「フェラーリ488スパイダー」。
	拡大

フェラーリが「488スパイダー」を日本初公開

フェラーリ・ジャパンは2015年10月23日、新型ミドシップオープンスポーツカー「488スパイダー」を日本で初公開した。価格は3450万円。

「488スパイダー」のリアビュー。スカイブルーメタリックのボディカラーは「ブルーコルサ」と呼ばれる新色。
「488スパイダー」のリアビュー。スカイブルーメタリックのボディカラーは「ブルーコルサ」と呼ばれる新色。 拡大
「488スパイダー」のインテリア。
「488スパイダー」のインテリア。 拡大
「488スパイダー」のシート。
「488スパイダー」のシート。 拡大

■歴代のV8オープンモデルで最も高性能

488スパイダーはクーペモデルの「488GTB」と同様に、670psと77.5kgmを発生する新型3.9リッターV8ターボエンジンを搭載する。0-100km/h加速は3.0秒、最高速は325km/h以上と、フェラーリの歴代V8オープンモデルの中で最も高い性能を誇る。

開閉可能なルーフ「リトラクタブルハードトップ(RHT)」は「458スパイダー」が採用したものを継承している。同様の構造のソフトトップルーフより25kg軽くでき、ルーフの収納容積を100リッターとコンパクトに抑えられるのが自慢。開閉に要する時間はそれぞれ14秒で、45km/h以下でなら走行中に開閉することもできる。

今回のお披露目式は極東地区における初公開イベントでもあり、フェラーリの極東エリア統括マネージングディレクターのディーター・クネヒテル氏が出席した。「パワフルな性能がもたらすオープンカーならではのドライビングプレジャーを、誰もがリラックスして楽しめるというのが488スパイダーのコンセプト。(V8ミドシップスパイダーでは)オープントップドライビングそのものに加え、遮るものがないダイレクトなエンジンサウンドや、2人乗車に十分な室内の快適性とユーザビリティーが高く評価されてきた」と、同車の魅力を語った。

(webCG)

関連キーワード:
488スパイダー, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ 488スパイダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【海外試乗記】 2018.3.7 試乗記 フェラーリの新しいV8GT「ポルトフィーノ」に南イタリアで試乗した。この「カリフォルニアT」の後継モデルは、グランツーリスモとして一段と洗練されていただけでなく、跳ね馬の名に恥じない熱い走りを備えていた。
  • 東京オートサロン2020展示車両(その11) 2020.1.12 画像・写真 日本車ベースのカスタマイズカーが数多く出展される東京オートサロン。しかしその中にあっても、イタリアンスーパーカーは特別な存在として来場者の視線を集めていた。大口径ホイールでカスタマイズされたTWSブースのフェラーリを写真で紹介する。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る