第44回:巨乳にも限度がある

2017.06.06 カーマニア人間国宝への道

“行き止まり感”を覚えて

ということで、「458イタリア」から「328GTS」への乗り換えで、1220万円もゲットしてしまった不肖ワタクシである。

つまり、「プジョー308SW BlueHDi」どころか、「メルセデス・ベンツS300h」ですらキャッシュで買えるウルトラ大金持ちというわけだが、そういうお金って意外と使えないもんですね。ホントは自分で払ったお金が戻ってきただけなんだけど、神様からの贈り物にしか思えないのですよ! それを足グルマに流用していいもんだろうか?

それに、どんだけお金が戻ってきたっつっても、フェラーリを買ったことには違いない。つまり人生最大級のゼイタクをしたわけだ。人間、連続してゼイタクはできないです。バチが当たりそうで。

とにかく神様からの贈り物なので、神様に貢ぐのが一番ということで、納車されたらタイヤとかダンパー交換に使おうとは思ってますけど、それじゃどんだけゼイタクしても100万円くらいでしょうか? 本当にありがたいお話です。

ところで、なぜに458イタリアから328へ買い替えたのか、その理由を記さねばなるまい。

買い替えたくなったのは、単にココロの赴くままでありまして、漠然としているのですが、自己分析すると、“行き止まり感”ということになりましょう。

筆者にとって3台目の「328」となる「フェラーリ328GTS」。お値段は980万円。
筆者にとって3台目の「328」となる「フェラーリ328GTS」。お値段は980万円。拡大
戻ってきたお金は、神様からの贈り物だ!
戻ってきたお金は、神様からの贈り物だ!拡大
筆者にとって2台目の「328」となる“ヨーコ様”こと「フェラーリ328GTS」。このクルマでも、いろいろと神様に奉納させていただいた。ありがたや~。
筆者にとって2台目の「328」となる“ヨーコ様”こと「フェラーリ328GTS」。このクルマでも、いろいろと神様に奉納させていただいた。ありがたや~。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • 旧き佳きベントレーの終幕 「ミュルザンヌ」が生産終了へ 2020.1.22 デイリーコラム ベントレーの最上級サルーン「ミュルザンヌ」が、ついに生産終了に。名門の看板を担い続けたフラッグシップモデルの魅力と、その心臓部を担う特別なエンジン“ベントレーV8”の歴史を振り返るとともに、ベントレーのプレステージカーの今後に思いをはせる。
  • 東京オートサロン2020(アストンマーティン) 2020.1.12 画像・写真 アストンマーティンは東京オートサロン2020に、同社の107年におよぶ歴史の中で初のSUVとなる「DBX」を出展した。このDBXと最新のフラッグシップオープンモデル「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る