ランボルギーニ・ウラカンのMRモデルが登場

2015.11.18 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ウラカンLP580-2」
「ランボルギーニ・ウラカンLP580-2」 拡大

「ランボルギーニ・ウラカン」のMRモデルが登場

伊ランボルギーニは2015年11月17日、スーパースポーツ「ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」を発表した。

■MRらしい走りがポイント

デビュー以来、4WD車のみだったウラカンに二輪駆動のMR車が追加設定された。
モデル名は、ウラカンLP580-2。ランボルギーニによれば、同車は「後輪駆動車ならではの運転の楽しさを重視した設計」で、「パワーマネジメント機能の再調整や車重の軽減により、魅力的なドライビングエクスペリエンスをドライバーに提供する」という。

キャビン後方に縦置きされるエンジンは、自然吸気の5.2リッターV10。4WD車の「ウラカンLP610-4」と基本的に同じエンジンで、気筒休止システムを装備する点も共通だが、580psの最高出力と55.1kgmの最大トルクは4WDモデル(610ps、57.1kgm)に一歩ゆずる。
0-100km/h加速=3.4秒、最高速度=320km/hというパフォーマンスも、ウラカンLP610-4の3.2秒、325km/hに比べれば控えめになっている。

一方で、ウラカンLP580-2の車重(乾燥重量)は、ウラカンLP610-4よりも33kg軽い1389kgに抑えられている。前後重量配分を40:60とすることでフロントアクスルの慣性力を削減しており、「ストラーダ」「スポルト」「コルサ」からなるランボルギーニの選択式ドライビングモードと相まって、MR車ならではの動きを実感できるという。

価格は、2462万4000円。

(webCG)

関連キーワード:
ウラカン, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(MR/7AT)【試乗記】 2020.8.12 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカンEVO」に追加設定された後輪駆動モデル「RWD」に試乗。フロントの駆動機構や後輪操舵システムを取り外し軽量化された、イタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミドシップ+後輪駆動の走りやいかに?
  • 2022年にデビュー!? ランボルギーニの次期フラッグシップはきっとこうなる! 2020.9.18 デイリーコラム 年明け2021年にはデビュー10周年を迎える、ランボルギーニのスーパーカー「アヴェンタドール」。生産1万台を達成した成功作の後継はどんなモデルになるのだろうか? “猛牛マニア”の西川 淳はこう予想する。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.19 試乗記 ランボルギーニV10史上最強と言われた、最高出力640psを誇る「ペルフォルマンテ」のエンジンと、全輪駆動、全輪操舵のドライブトレインが採用された「ウラカンEVO」に富士スピードウェイで試乗。ベビーランボの最終形態はどんな進化を遂げたのか?
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る