ランボルギーニ・ウラカンのMRモデルが登場

2015.11.18 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ウラカンLP580-2」
「ランボルギーニ・ウラカンLP580-2」 拡大

「ランボルギーニ・ウラカン」のMRモデルが登場

伊ランボルギーニは2015年11月17日、スーパースポーツ「ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」を発表した。

■MRらしい走りがポイント

デビュー以来、4WD車のみだったウラカンに二輪駆動のMR車が追加設定された。
モデル名は、ウラカンLP580-2。ランボルギーニによれば、同車は「後輪駆動車ならではの運転の楽しさを重視した設計」で、「パワーマネジメント機能の再調整や車重の軽減により、魅力的なドライビングエクスペリエンスをドライバーに提供する」という。

キャビン後方に縦置きされるエンジンは、自然吸気の5.2リッターV10。4WD車の「ウラカンLP610-4」と基本的に同じエンジンで、気筒休止システムを装備する点も共通だが、580psの最高出力と55.1kgmの最大トルクは4WDモデル(610ps、57.1kgm)に一歩ゆずる。
0-100km/h加速=3.4秒、最高速度=320km/hというパフォーマンスも、ウラカンLP610-4の3.2秒、325km/hに比べれば控えめになっている。

一方で、ウラカンLP580-2の車重(乾燥重量)は、ウラカンLP610-4よりも33kg軽い1389kgに抑えられている。前後重量配分を40:60とすることでフロントアクスルの慣性力を削減しており、「ストラーダ」「スポルト」「コルサ」からなるランボルギーニの選択式ドライビングモードと相まって、MR車ならではの動きを実感できるという。

価格は、2462万4000円。

(webCG)

関連キーワード:
ウラカン, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニの「THE LOUNGE TOKYO」オープニングイベントの会場から 2020.10.29 画像・写真 ランボルギーニが2020年10月29日、東京・六本木にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープン。そのオープニングイベントの様子と、同日に初披露された「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.9.28 試乗記 ランボルギーニの旗艦車種「アヴェンタドール」に、さらなる高性能モデル「SVJ」が登場。よりパワフルな6.5リッターV12エンジンを搭載し、先進の可変空力デバイス「ALA」を備えたアヴェンタドールの最終進化形を、クローズドコースで試した。
  • 次世代のレクサスを示唆するEVコンセプトモデル「LF-Zエレクトリファイド」発表 2021.3.31 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年3月30日、レクサスブランドのEVコンセプトモデル「LF-Z Electrified(エレクトリファイド)」を世界初公開。2025年までにEVやPHV、HVなど10種類以上の電動車を含む、新型および改良型約20モデルを投入すると発表した。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
ホームへ戻る