ホンダ、新型「CR-V」の北米仕様を発表【LAショー2011】

2011.11.17 自動車ニュース

【LAショー2011】ホンダ、新型「CR-V」の北米仕様を発表

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2011年11月16日のプレスデイで開幕したロサンゼルスオートショーで、新型「CR-V」の北米仕様を発表した。全米で12月15日に販売が始まる予定。

通算で4代目となる新型には、フロントからリアまで滑らかに流れる中に、力強さや存在感を表現したエクステリアデザインを採用した。室内にはワイドなフロントシート、大型コンソール、ワンタッチで収納可能なリアシートなどを用意し、快適で実用性の高い空間とした。また、クロスオーバー車らしい高めのアイポイントを維持しつつ、全高を従来モデルより30mm下げることで、ドライバーに安心感を与える走りを実現したという。

搭載するエンジンは2.4リッターのDOHC i-VTECユニット(185ps)。駆動方式にはFFと4WDの2種類があり、4WDシステムは走破性だけでなく燃費性能も高めた新開発のものを採用している。燃費はFF車が都市部9.8/リッター、高速道路13.2km/リッター、4WD車が順に9.4/リッター、12.8km/リッターと発表されている。

さらに、ドライバーの安全を目的として、オーディオにSMS(ショート・メッセージ・サービス)機能を米国で初めて採用した。事前登録した6種類の返信用メッセージを瞬時に送ることができるという。

(webCG 竹下)

関連キーワード:
CR-V, ホンダ, ロサンゼルスモーターショー2012, イベント, 自動車ニュース

ホンダ CR-V の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
ホームへ戻る