ホンダ、北米仕様の「フィットEV」を発表【LAショー2011】

2011.11.17 自動車ニュース

【LAショー2011】ホンダ、北米仕様の「フィットEV」を発表

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2011年11月16日のプレスデイで開幕したロサンゼルスオートショーで「フィットEV」の市販モデルを発表した。

北米仕様のフィットEVは、専用の「EV双方向リモコン」やスマートフォンを使って遠隔操作ができるようになっている。電池残量の確認やエアコンのON/OFFなどができるほか、充電装置に接続しているときは充電の開始と完了の操作も可能。240V電源使用時には、フル充電(バッテリー残量警告灯点灯から満充電まで)は3時間以内で完了するという。

一方、走りについては燃料電池車「FCXクラリティ」で培ったモーター技術を搭載したことで、爽快な加速感と市街地でのキビキビした走行を両立したという。「SPORT」「NORMAL」「ECON」の3つの走行モードを選択することができ、電力消費を抑えた走行からスポーティーな走りまでをカバーしているという。

92kW(125ps)と256Nm(26.1kgm)を発生するモーターを搭載。最高速は時速90マイル(144km)で、航続距離は123マイル(198km LA-4モード)と発表されている。東芝製の20kWhリチウムイオンバッテリーを床下に搭載している。

今後の市場導入スケジュールは、まず2011年内に米国での実証実験パートナーであるカリフォルニア州トーランス市、スタンフォード大学、Google社の3団体に納車される。一般消費者へは2012年夏にリース販売を開始。3年間で約1100台の販売を計画している。

(webCG 竹下)

「ホンダ・フィットEV」
「ホンダ・フィットEV」 拡大

ホンダ、北米仕様の「フィットEV」を発表【LAショー2011】の画像 拡大

ホンダ、北米仕様の「フィットEV」を発表【LAショー2011】の画像 拡大
専用の「EV双方向リモコン」
専用の「EV双方向リモコン」 拡大

ホンダ、北米仕様の「フィットEV」を発表【LAショー2011】の画像 拡大

ホンダ、北米仕様の「フィットEV」を発表【LAショー2011】の画像 拡大

関連キーワード:
フィット, ホンダ, ロサンゼルスモーターショー2012, イベント, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
ホームへ戻る