専用ボディーカラーが魅力の特別なカングー登場

2015.12.03 自動車ニュース
ボディーカラーに「タンタシオン ヴィオレ」が選択された「カングー・アクティフ ペイザージュ」。
ボディーカラーに「タンタシオン ヴィオレ」が選択された「カングー・アクティフ ペイザージュ」。 拡大

専用ボディーカラーが魅力の特別な「ルノー・カングー」登場

ルノー・ジャポンは2015年12月3日、「カングー」の特別仕様車「アクティフ ペイザージュ」を2016年1月14日に発売すると発表した。

「ヴェール メール」
「ヴェール メール」 拡大
「ブルー ヴィブラート」
「ブルー ヴィブラート」 拡大
「アクティフ ペイザージュ」のシート。
「アクティフ ペイザージュ」のシート。 拡大

■第3弾のテーマはブルターニュ地方の海岸風景

「ペイザージュ」とは、フランスの風景をモチーフとしたボディーカラーを特徴とする、カングーの限定モデルである。第3弾となる今回のモデルでは、ベースグレード「アクティフ」の4AT仕様をもとに、ブルターニュ地方の海沿いの風景をイメージしたという3色を設定している。

具体的なカラーバリエーションは以下の通り。

・タンタシオン ヴィオレ
海岸に生息するツツジ科の低木、ブリュイエール(日本名:ギョウリュウモドキ)の花の色をモチーフにした紫。

・ヴェール メール
浅い海の色をモチーフにした明るい緑。

・ブルー ヴィブラート
深い海の色をモチーフにした濃い青。

このほかにも、シルバーとブラックのツートンカラーのフロントバンパー、シルバードアミラー、フロントフォグランプ、カーテンエアバッグ、3トーンファブリックシートを装備している。

販売台数は各色90台。価格は220万9000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • KANGOOでGO! 2020.7.2 おでかけするならルノーで行こう<AD> いよいよ夏本番。今度の休みは、どこへ行こう? ルノーのマルチパーパスビークル「カングー」で出掛けたら、期待いっぱいのドライブは、さらに楽しいものになるだろう。
  • スズキ・ジクサーSF250(MR/6MT)【レビュー】 2020.7.10 試乗記 伊達(だて)な見た目より中身で勝負。スズキが満を持して投入した250ccクラスの最新モデル「ジクサーSF250」は、久々の復活を遂げた油冷エンジンの強みを存分に生かした、走りにおいて妥協のない実直なマシンに仕上がっていた。
  • ホンダブースのテーマは世界の頂点を目指すチャレンジングスピリット【オートモビル カウンシル2020】 2020.7.28 自動車ニュース 本田技研工業は2020年7月28日、千葉県の幕張メッセで開催予定の自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2020(オートモビル カウンシル2020)」(開催期間:7月31日~8月2日)への出展概要を発表した。
  • 名車再生!クラシックカー・ディーラーズ 「911カレラS 2.7タルガ」前編 2020.7.29 MOVIE 「これは極上の掘り出し物だ!」とバイヤーのマイクも笑顔になった「911カレラS 2.7タルガ」。いざパワートレインを車体から外して、チェックしてみたら……? Dplayがお届けする人気の自動車番組、ノーカットで公開中!
  • 第186回:コロナバブル恐るべし 2020.7.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第186回は「コロナバブル恐るべし」。新型ウイルスの感染拡大が叫ばれるなか、中古車市場にはある変化が起きていた! ポルシェやフェラーリの価格は? マニアックな世界でささやかれる、驚きの現象について考察する。
ホームへ戻る