パナメーラGTSデビュー 日本でも受注始まる【LAショー2011】

2011.11.17 自動車ニュース

【LAショー2011】「ポルシェ・パナメーラGTS」がデビュー 日本でも受注始まる

ポルシェジャパンは、2011年11月16日にロサンゼルスオートショーで公開されたニューモデル「ポルシェ・パナメーラGTS」の受注を、11月30日に開始する。

「パナメーラGTS」は、ポルシェの4ドア4シーターモデル「パナメーラ」シリーズに追加された新グレード。同社をして“最もスポーティーなグランツーリスモ”と言わしめるニューモデルである。

エクステリアは、専用デザインのバンパーやブラック仕上げのグリル、サイドシル、エアアウトレットなどが特徴で、インテリアについても、スポーツシートやシフトパドル付きのスポーツデザインステアリングホイールなどを装備。シート中央部やルーフライニングなどに用いられるアルカンターラと相まって、スポーティーなキャラクターが強調される。

搭載されるエンジンは、自然吸気の4.8リッターV8。「パナメーラ4S」を30psと2.0kgm上回る、430psと53.0kgmを発生する。トランスミッションは7段PDKのみ。駆動方式は4WDが採用され、比較的ハードにセッティングされたダンパーをもつエアサスペンションと19インチアルミホイール、「パナメーラターボ」と同じブレーキシステムなどが走りを支える。スポーツクロノパッケージやPASM(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム)が標準で与えられるのもポイントだ。

パフォーマンスは0-100km/h加速が4.5秒で、最高速は288km/h。「パナメーラ4S」(5.0秒、282km/h)より上、「パナメーラターボ」(4.2秒、303km/h)より下に位置付けられる。
なお、燃費値は欧州複合サイクルで9.17km/リッター。低転がり抵抗タイヤを使うと、9.34km/リッターにまで向上するとされる。

かような「パナメーラGTS」の価格は、「パナメーラ4S」(1447万円)より107万円高く、「パナメーラターボ」(2086万円)より532万円安い1554万円。日本市場へのデリバリー開始は2012年春が予定されている。

(webCG 関)

「ポルシェ・パナメーラGTS」
「ポルシェ・パナメーラGTS」 拡大

パナメーラGTSデビュー 日本でも受注始まる【LAショー2011】の画像 拡大

パナメーラGTSデビュー 日本でも受注始まる【LAショー2011】の画像 拡大

パナメーラGTSデビュー 日本でも受注始まる【LAショー2011】の画像 拡大

関連キーワード:
パナメーラ, ポルシェ, イベント, 自動車ニュース

ポルシェ パナメーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.30 試乗記 順次、全モデルをモーター付きにするというボルボの電動化戦略。その意欲的な計画を支える一台が、セールス好調のSUV「XC60」にも設定された。最新のマイルドハイブリッドシステムを搭載する「XC60 B5」、その走りやいかに?
  • ポルシェ・パナメーラGTS/パナメーラGTSスポーツツーリスモ【海外試乗記】 2018.11.21 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ/パナメーラ スポーツツーリスモ」に追加された高性能グレード「GTS」に、中東・バーレーンで試乗。パナメーラシリーズの最新モデルは、同系統の4リッターV8ツインターボを搭載する「ターボ」とは一味違う“走り”をしていた。
ホームへ戻る