マツダ、軽商用車のスクラムバンを一部改良

2015.12.18 自動車ニュース

マツダ、軽商用車の「スクラムバン」を一部改良

マツダは2015年12月18日、軽商用車「スクラムバン」に一部改良を実施し、発売した。

スクラムバンはマツダがスズキからOEM供給を受けて販売しているバンタイプの軽商用車であり、「スズキ・エブリイ」の姉妹モデルにあたる。

今回の改良では、「PA」の「オートギアシフト(AGS)」搭載車にABSとヒルホールドコントロールを標準装備した。

また新グレードとして、PAのAGS搭載車をベースに衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポート」やキーレスエントリーシステムなどを追加した「PAスペシャル」と、「PC」のAGS搭載車をベースにドアミラー格納機構やCDプレーヤーなどを追加した「PCスペシャル」を設定した。

両グレードの具体的な装備は以下の通り。

【PAスペシャル】
・レーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)
・誤発進抑制機能
・エマージェンシーストップシグナル
・DSC(ダイナミックスタビリティーコントロール)&TCS(トラクションコントロールシステム)
・キーレスエントリーシステム
・セキュリティーアラームシステム
 ・ダークティンテッドガラス(リアドア、リアクオーター、バックドア)

【PCスペシャル】(2016年2月発売予定)
 ・AM/FMラジオ付きCDプレーヤー
・2スピーカー(フロント)
・電動格納式カラードドアミラー
・ドアミラーサイドアンダーミラー(助手席側)
・ヒーテッドドアミラー(4WD車)

価格は92万3400円~131万40円。

(webCG)
 

「マツダ・スクラムバンPAスペシャル」
「マツダ・スクラムバンPAスペシャル」 拡大

関連キーワード:
スクラムワゴン, マツダ, 自動車ニュース

マツダ スクラムワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダが「スクラムトラック」をモデルチェンジ 2013.9.13 自動車ニュース マツダが軽トラックの「スクラムトラック」をモデルチェンジ。販売を開始する。
  • マツダ、軽商用車のスクラムバンを一部改良 2015.12.18 自動車ニュース マツダが軽商用車の「スクラムバン」を一部改良。「PA」の「オートギアシフト(AGS)」搭載車にABSとヒルホールドコントロールを標準装備したほか、新グレードとして「PAスペシャル」と「PCスペシャル」を設定した。価格は92万3400円~131万40円。
  • マツダ、軽乗用「スクラムワゴン」&軽商用「スクラムバン」をフルモデルチェンジ 2005.9.14 自動車ニュース マツダは、軽乗用車「スクラムワゴン」とその商用車「スクラムバン」(いずれも「スズキ・エブリイワゴン/エブリイ」のOEM版)をフルモデルチェンジし、2005年9月13日に発売した。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
  • EVの見方が変わるSUV 「日産アリア」のここに注目! 2020.7.24 デイリーコラム 2021年に発売される日産の電気自動車「ARIYA(アリア)」。同社はこのクロスオーバーEVを“革新的な一台”とアピールするが……? その注目すべき長所について、開発担当者に話を聞いた。
ホームへ戻る