日産、ティアナ全車に衝突回避システムを搭載

2015.12.18 自動車ニュース

日産、「ティアナ」全車に衝突回避システムを搭載

日産自動車は2015年12月17日、セダン「ティアナ」の全グレードに「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」と「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備し、2016年1月6日に発売すると発表した。

エマージェンシーブレーキは、フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知し、衝突の危険性があるとシステムが判断した場合には、メーター内の警告灯とブザーでドライバーに衝突回避操作を促す機能。ドライバーが安全に減速できなかった場合には、緊急ブレーキを作動させて、衝突を回避または衝突時の被害を軽減する。

踏み間違い衝突防止アシストは、壁などの障害物があるにもかかわらずアクセルペダルを強く踏んでしまったときに、ドライバーに衝突の危険性を警告しつつ急加速しないように車両を制御、ブレーキも自動で作動させて、衝突を回避または衝突時の被害を軽減するもの。フロントソナーとバックソナーにより障害物と自車との距離を検知し、およそ15km/h未満で前進・後退するときに作動する。
ブレーキ操作が遅れて壁などの障害物に接近した場合にも、自動的にエンジン出力やブレーキを制御して障害物への衝突を回避、または衝突時の被害を軽減する。

ティアナのラインナップと価格は、以下の通り。
・XE:256万3920円
・XL:289万6560円
・XV:319万6800円

(webCG)

「日産ティアナ」
「日産ティアナ」 拡大

関連キーワード:
ティアナ, 日産, 自動車ニュース

日産 ティアナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)/350XV(FF/CVT)【試乗速報】 2008.6.20 試乗記 日産ティアナ250XV(FF/CVT)/350XV(FF/CVT)
    ……335万4750円/425万7750円

    “モダンリビング”路線の嚆矢である「ティアナ」がフルモデルチェンジされ、2代目となった。路線継続を謳いつつも、新たなテーマとして付け加えられたのが「OMOTENASHI(おもてなし)」である。アジア市場を狙う戦略車は、どう変わったのか。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2008.9.19 試乗記 ……335万4750円
    総合評価……★★★

    モダンリビングコンセプトを受け継いだ、2代目「日産ティアナ」。そのターゲットは中国市場に傾きつつあるが、日本でも魅力のあるセダンなのか? 450kmの走行でOMOTENASHIを受けてきた。
ホームへ戻る