マツダ、CX-3を一部改良 静粛性と操作性を改善

2015.12.24 自動車ニュース
「マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ」
「マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ」 拡大

「マツダCX-3」一部改良、静粛性と操作性を改善

マツダは2015年12月24日、コンパクトSUV「CX-3」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、これまでオプション扱いだったエンジンのノック音を抑制する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を全車に標準装備。フロントドアガラス板厚の変更と併せ、静粛性を向上させた。

また、軽負荷領域でのアクセル操作に対してクルマがリニアに反応するよう、緻密なエンジン制御を行う「DE精密過給制御」を新たに採用。前後ダンパーやフロントスタビライザーの改良によって乗り心地を改善したほか、電動パワーステアリングの制御を見直すことで操舵(そうだ)初期の車両コントロール性を高め、コーナーでの操作性と直進時の安定性を向上させている。

このほかにも、最上級グレードの「XDツーリング Lパッケージ」に、パーフォレーションレザーやラックススエードを用いた黒革内装仕様を追加した。

価格は237万6000円~302万4000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
CX-3, マツダ, 自動車ニュース

マツダ CX-3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ2/マツダ6/CX-5/CX-8ブラックトーンエディション 2020.12.3 画像・写真 マツダが「マツダ2」と「マツダ6セダン/ワゴン」「CX-5」「CX-8」に、ブラックとレッドのアクセントが目を引く「ブラックトーンエディション」を設定した。最近のマツダ車には見られなかった、スポーティーないでたちの特別仕様車を写真で紹介する。
  • マツダCX-5 XDエクスクルーシブモード/CX-5 XDブラックトーンエディション【試乗記】 2020.12.27 試乗記 パワーユニットの性能向上やコネクテッドシステムの採用、そしてラインナップの拡充と、多方面にわたり商品力の強化が図られた「マツダCX-5」。マツダSUV製品群の中核を担う基幹モデルの、今日における実力を確かめた。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
ホームへ戻る