クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6MT)

“運転好き”にはいいけれど 2018.08.27 試乗記 デビュー以来最大規模の改良を受けたマツダのコンパクトSUV「CX-3」。新開発の1.8リッターディーゼルエンジンと新しい足まわりの織り成す走りは、従来モデルからどのように進化を遂げたのか? ちょっとマニアックなMT仕様で、その実力を確かめた。

マツダ一族の黒い羊

マツダのラインナップの充実っぷりには感心させられる。下は「デミオ」から上は「CX-8」まで、単に出来がいいだけでなく、デザインも走りもクルマ好きの心を潤すスペシャルな魅力を備えている。コンパクトカーから大柄なSUVまで、濁りのないすっきりとしたドライブフィールという“マツダ味”が一気通貫しているあたりは、BMWをほうふつとさせる。1990年に「ユーノス・ロードスター」を新車で購入して以来、マツダが健やかなる時も病める時も、陰ながら応援してきた身としてはうれしい限りだ。

ただし、充実のラインナップのなかでただひとり、「ん?」と感じさせる存在だったのがマツダCX-3だ。まず、デザインは素晴らしくカッコいい。デビューした2015年から現在に至るまで、世界で一番カッコいいコンパクトSUVだと思う。でも乗ってみると……。洗練されたスタイリングとは裏腹に、乗り心地が荒っぽい。だったらものすごくハンドリング(操縦性)に秀でているのかといえば、攻め込むとグラッと傾いて背の高さを意識させる。

優秀なマツダ一家のなかで、末っ子だけ残念というか、鬼っ子というか……。英語だと一家の問題児を、ブラック・シープ・オブ・ザ・ファミリーと言うらしいけれど、マツダの黒い羊、CX-3に大がかりな変更が施されたと聞いて、マツダファンとしては、期待に胸をふくらませながら試乗に向かった。

試乗したのは、新開発の1.8リッターディーゼルエンジンと6段MTを組み合わせた仕様。ちなみに、これまで6段MTはディーゼルエンジンだけに設定されていたけれど、2リッターのガソリンエンジンでも6段MTを選べるようになっている。

すでに報道されているように、現在のマツダは「マイナーチェンジ」という形で変更を加えることはせずに、完成した技術をその都度フレキシブルに投入している。マツダCX-3にも4度の改良が加えられてきたが、今回が最大級の変更となる。

2015年2月に発表・発売されたコンパクトSUV「マツダCX-3」。当初はディーゼル車のみというユニークなラインナップだったが、2017年7月にガソリン車も発売された。
2015年2月に発表・発売されたコンパクトSUV「マツダCX-3」。当初はディーゼル車のみというユニークなラインナップだったが、2017年7月にガソリン車も発売された。拡大
大幅改良を受けた「CX-3」のインテリア。新デザインのセンターコンソールに加え、上級グレード「Lパッケージ」では、ダッシュボードなどに用いられたスエード調素材「グランリュクス」が目を引く。
大幅改良を受けた「CX-3」のインテリア。新デザインのセンターコンソールに加え、上級グレード「Lパッケージ」では、ダッシュボードなどに用いられたスエード調素材「グランリュクス」が目を引く。拡大
最上級SUV「CX-8」譲りの高減衰ウレタンが用いられたシート。「Lパッケージ」では表皮にレザーが用いられる。
最上級SUV「CX-8」譲りの高減衰ウレタンが用いられたシート。「Lパッケージ」では表皮にレザーが用いられる。拡大
デビュー以来最大規模という大幅改良が施された「CX-3」。内外装の意匠の変更に加え、エンジンや足まわりの改良、安全装備の強化など、その内容は多岐にわたる。
デビュー以来最大規模という大幅改良が施された「CX-3」。内外装の意匠の変更に加え、エンジンや足まわりの改良、安全装備の強化など、その内容は多岐にわたる。拡大

雰囲気はすっかり“小さな高級車”

対面したマツダCX-3は、エクステリアがさらにハンサムになっていて好印象を受ける。フロントグリルがすっきりした意匠に変わり、ボディー下部にクロームのラインが走る。生まれついての二枚目が、おしゃれな美容院に通ってさらに都会派になった。

路線キープのエクステリアとは対照的に、インテリアはかなり変わった。センターコンソールのデザインが一新され、樹脂類の質感も向上、小さな高級車という雰囲気になった。パーキングブレーキを電子制御式とすることでブレーキのレバーがなくなったこともトピックのひとつで、室内がすっきりした。

特筆すべきは構造から見直したというシートの掛け心地で、見た目は何の変哲もないごく普通のシートでありながら、シート全体で体重を受け止め、包み込むように体を支える。
ワインディングロードでも好印象は変わらず、特別にホールドされている感触はないのに気がつけばしっかり体が固定されているあたり、ちょっとしたマジックのようだった。

適度な重みを持つクラッチを踏み込み、6段MTを1速にエンゲージ、クラッチをつなぐ。ミートポイントがわかりやすいうえに、1.8リッターのディーゼルエンジンはアイドル回転付近から十分なトルクを発生しているから、久しぶりにMTをドライブする方でも気楽に発進できるはずだ。

アイドル回転でするすると前に出て、そこからアクセルペダルを踏み込むと、エンジンはスムーズに回転を上げる。低回転からドスンというトルクを発生してガツンと前に出る、というタイプのディーゼルエンジンではなく、軽やかに回転を上げながら加速するのが特徴だ。

デザインといい、新しいディーゼルエンジンと6段MTのマッチングといい、なかなかいいじゃないかと思って一般道を走らせていると、前方の荒れた舗装を発見。通過すると、ビシッというかなりの突き上げ。あれ、乗り心地はあまり改善されていないような……。

新デザインのフロントグリルが目を引くエクステリア。リアコンビランプの意匠も変更されているほか、上級グレードではボディー下部にメッキガーニッシュが追加された。
新デザインのフロントグリルが目を引くエクステリア。リアコンビランプの意匠も変更されているほか、上級グレードではボディー下部にメッキガーニッシュが追加された。拡大
インフォテインメントシステムのコントローラー等が装備されたセンターコンソール。今回の改良により、パーキングブレーキは電子制御式となった。
インフォテインメントシステムのコントローラー等が装備されたセンターコンソール。今回の改良により、パーキングブレーキは電子制御式となった。拡大
新たに採用されたセンターアームレスト。その下の収納ボックスはドリンクホルダー(2本分)としても使えるようになっている。
新たに採用されたセンターアームレスト。その下の収納ボックスはドリンクホルダー(2本分)としても使えるようになっている。拡大
新たに採用された1.8リッター直4ディーゼルターボエンジン。従来モデルの1.5リッターユニットより、高回転域におけるトルクの強化と、実燃費の改善、環境負荷の低減などが図られている。
新たに採用された1.8リッター直4ディーゼルターボエンジン。従来モデルの1.5リッターユニットより、高回転域におけるトルクの強化と、実燃費の改善、環境負荷の低減などが図られている。拡大

一般道での乗り心地が、厳しい

マツダCX-3のシャシーについては、ダンパーを見直し、専用タイヤを開発するなどの変更が施されたと聞いていた。だから乗り心地も改善されたと期待していたけれど、少なくともタウンスピードでは路面から伝わる鋭いショックが気になった。同条件で直接乗り比べたわけではないから、改良前に比べてどう変わったかは言及できないけれど、このクラスのSUVとして満足、納得できる乗り心地ではない。

もしかすると速度域が高いと乗り心地が改善されるのではないか、と試乗のステージを高速道路に変えてみる。60~70km/h程度で流れる首都高速では一般道と印象は変わらず、定期的に遭遇する路面のつなぎ目で、ドスンという突き上げを感じる。ここから中央道に入り、100km/h程度まで速度域が上がると、ようやくホッとひと息。この速度でクルーズすると突き上げは気にならなくなり、フラットな姿勢を保つ好ましい面だけを味わえるようになる。

談合坂周辺の高速コーナーの連続では、ハンドル操作に素直に反応する、操縦性のよさが体感できた。高速コーナーでもゆっくりと穏やかにロール(横傾き)をしながら駆け抜けるから、改良前の「ちょっと姿勢変化が急すぎない?」という不安感は払拭(ふっしょく)された。

高速巡航ではエンジンも静かで、上質さを増したしつらえのインテリアや快適なシートに囲まれていると、一般道でのドッタンバタンが何かの間違いだったのではないかと思えてくる。
けれども中央道を河口湖インターで降りて、富士山麓のワインディングロードに入ると、再びドッタンバタンが襲ってきた――。

今回の改良では、サスペンションのダンパーをより径の太いものに変更したほか、微小なストロークでも減衰を利かせるため、新たにウレタンブッシュを用いたトップマウントを採用した。
今回の改良では、サスペンションのダンパーをより径の太いものに変更したほか、微小なストロークでも減衰を利かせるため、新たにウレタンブッシュを用いたトップマウントを採用した。拡大
「CX-3」のために開発された、同車専用設計のタイヤ。改良を受けた足まわりに合わせ、タテ方向の剛性をやや下げる一方で、ヨコ方向の剛性を高めた仕様としている。
「CX-3」のために開発された、同車専用設計のタイヤ。改良を受けた足まわりに合わせ、タテ方向の剛性をやや下げる一方で、ヨコ方向の剛性を高めた仕様としている。拡大
新しい足まわりの調律の狙いは、路面からの入力に早い段階から反応し、従来モデルより長く時間をかけてボディー(乗員)に伝えるというもの。唐突感のない、よりしなやかな乗り心地を意図したものだ。
新しい足まわりの調律の狙いは、路面からの入力に早い段階から反応し、従来モデルより長く時間をかけてボディー(乗員)に伝えるというもの。唐突感のない、よりしなやかな乗り心地を意図したものだ。拡大

スポーツカーじゃないんだから

富士山麓のワインディングロードは、ところどころ路面が荒れていて、そこを通過するたびにビシッと体に響く突き上げがやってくる。ボディーはしっかりしているし、悪路を通過した後の揺れも一発で収束するし、前述したようにハンドリングは良好だから、スポーツカーに乗っていると思えばそれほどヒドい乗り心地ではない。けれどもマツダCX-3はスポーツカーではなく、友人や家族と遊びに出掛けるための乗り物だから、この乗り心地はちょっときつい。

「背の高い『ロータス・エラン』」という言葉が浮かぶ。エランほど乗り心地がカタくはないものの、そういうフレーズが浮かぶくらいの乗り心地であることは間違いない。少なくとも、体感的にはマツダ・ロードスターより乗り心地はハードだ。

不思議な乗り物だと思う。6段MTの手応えは抜群で、クラッチも扱いやすいから、ワインディングロードで時にヒール・アンド・トウなどを交えながら走るのが楽しい。ディーゼルエンジンはどんな回転域でもピックアップがいいから、コーナーの出口でグッと前に出る。その一方で乗り心地はスパルタンと書きたくなるほどハード。改良によって操縦性は大きく改善されたけれど、乗り心地は疑問が残る。

悪いクルマというわけではなく、特に運転が好きな方にとっては好ましい点もたくさんあるけれど、乗り手を選ぶのは間違いない。すてきなデザインに目を奪われたみなさまにおかれては、ぜひ一度、ディーラーで試乗して、乗り心地を確認することをお勧めします。

(文=サトータケシ/写真=向後一宏/編集=堀田剛資/撮影協力=河口湖ステラシアター)

ドアアウターパネルやリアドアガラスの板厚アップ、遮音材の追加などにより、車内空間の静粛性向上も図られている。
ドアアウターパネルやリアドアガラスの板厚アップ、遮音材の追加などにより、車内空間の静粛性向上も図られている。拡大
操作感のよさが好印象だった6段MT。今回の改良により、ディーゼルモデルだけでなく、ガソリンモデルのFF車でもMT仕様が選べるようになった。
操作感のよさが好印象だった6段MT。今回の改良により、ディーゼルモデルだけでなく、ガソリンモデルのFF車でもMT仕様が選べるようになった。拡大
2:1の分割可倒式リアシート。中央部には、ドリンクホルダー(2本分)付きのセンターアームレストが備えられている。
2:1の分割可倒式リアシート。中央部には、ドリンクホルダー(2本分)付きのセンターアームレストが備えられている。拡大
運転支援システムの機能強化も図られており、自動緊急ブレーキにはマツダ車として初めて、夜間歩行者検知機能が追加された。
運転支援システムの機能強化も図られており、自動緊急ブレーキにはマツダ車として初めて、夜間歩行者検知機能が追加された。拡大

テスト車のデータ

マツダCX-3 XD Lパッケージ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4275×1765×1550mm
ホイールベース:2570mm
車重:1270kg
駆動方式:FF
エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼルターボ
トランスミッション:6MT
最高出力:116ps(85kW)/4000rpm
最大トルク:270Nm(27.5kgm)/1600-2600rpm
タイヤ:(前)215/50R18 92V/(後)215/50R18 92V(トーヨー・プロクセスR52A)
燃費:23.2km/リッター(WLTCモード)
価格:283万6080円/テスト車=301万4280円
オプション装備:ボディーカラー<マシーングレープレミアムメタリック>(5万4000円)/CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー<フルセグ>(3万2400円)/360°ビューモニター+フロントパーキングセンサー<センター/コーナー>(4万3200円) ※以下、販売店オプション ナビゲーション用SDカードPLUS<16GB>(4万8600円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:1889km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(6)/山岳路(1)
テスト距離:442.7km
使用燃料:20.1リッター(軽油)
参考燃費:22.0km/リッター(満タン法)/21.2km/リッター(車載燃費計計測値)

マツダCX-3 XD Lパッケージ
マツダCX-3 XD Lパッケージ拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マツダ CX-3 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。