日産、ノートの販売価格を約1%引き上げ

2016.01.04 自動車ニュース

日産、「ノート」の販売価格を約1%引き上げ

日産自動車は2016年1月1日、コンパクトカー「ノート」の価格を同日付けで改定すると発表した。

同社によると、今回の価格改定は、為替変動による原材料費や部品価格、物流コストなどの高騰によるもの。価格は、約1%引き上げられる。

各モデルの新価格は、以下の通り。
(※印は、1.2リッタースーパーチャージャー付きエンジン搭載車)

【ノート】
・X(FF/CVT):147万9600円
・メダリストX(FF/CVT):161万280円
・X DIG-S(FF/CVT):171万1800円(※)
・メダリスト(FF/CVT):191万520円(※)
・X FOUR:(4WD/CVT):169万3440円
・メダリストX FOUR(4WD/CVT):182万4120円

【ノート エアロスタイル】
・X エアロスタイル(FF/CVT):168万4800円
・X DIG-S エアロスタイル(FF/CVT):191万7000円(※)
・X FOUR エアロスタイル(4WD/CVT):189万8640円

【ノートNISMO/NISMO S】
・NISMO(FF/CVT):198万7200円(※)
・NISMO S(FF/5MT):226万6920円

【ノート ライダー/ライダーブラックライン】
・ライダー(FF/CVT):172万8000円
・ライダー(FF/CVT):196万200円(※)
・ライダーブラックライン(FF/CVT):202万5000円(※)
・ライダー(4WD/CVT):194万1840円
・ライダーブラックライン(4WD/CVT):200万6640円

【ノート アクシス】
・アクシス(FF/CVT):178万2000円
・アクシス(FF/CVT):204万6600円(※)
・アクシス(4WD/CVT):199万5840円

(webCG)

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノート 2020.11.24 画像・写真 日産がコンパクトハッチバック「ノート」をフルモデルチェンジ。2020年11月24日、3代目となる新型を発表した。2021年に発売されるEV「アリア」とともに新生日産を代表するクルマと位置づけられる最新型の姿を、写真で紹介する。
  • 日産のコンパクトカー「ノート」がフルモデルチェンジ 電動車としての性能がアップ 2020.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2020年11月24日、フルモデルチェンジしたコンパクトカー「ノート」を発表した。3代目となる新型は、「e-POWER」と呼ばれるハイブリッド専用モデルで、同年12月以降、順次販売が開始される。
  • マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ【試乗記】 2020.11.11 試乗記 「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ」というマツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」がバージョンアップ。それで走りはどう変わったのか? 「eスカイアクティブX」と名づけられた新ユニットを搭載する「マツダ3」で確かめた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • BMW X2 xDrive20d MスポーツX エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.10 試乗記 「BMW X2」に追加設定された「xDrive20d MスポーツX」に試乗。既発の「xDrive18d」比で+40PSとなる190PSのディーゼルユニットとMスポーツサスペンションのコンビネーションは、導入初期モデルの印象を上書きするのに十分な仕上がりだった。
ホームへ戻る