トヨタ、「FJクルーザー」に新グレードを追加

2011.11.14 自動車ニュース

トヨタ、「FJクルーザー」に新グレードを追加

トヨタ自動車は2011年11月14日、SUV「FJクルーザー」に、新グレード“ブラックカラーパッケージ”、“レッドカラーパッケージ”を追加設定し、12月1日に発売すると発表した。

FJクルーザーは、スタイリッシュな外観と、カスタマイズ性の高さを売りとするモデル。今回、「黒」「赤」という“色にこだわった”仕様を追加することで、バリエーションの充実を図った。

“ブラックカラーパッケージ”は、ブラック×ホワイトのツートーンのボディーカラーに、ブラック塗装の専用17インチアルミホイールやホイールカバー付きスペアタイヤなどを採用。さらにブラックのドアミラー、ラジエーターグリル、フロント&リアバンパー、アウトサイドドアハンドルを装備し、精悍(せいかん)なスタイリングを演出している。

“レッドカラーパッケージ”は、レッドのボディーカラーに、ブラックとレッドを配した専用本革巻き3本スポークステアリングホイールを装備。同じくブラック×レッドの撥水(はっすい)・防水ファブリックシート表皮も採用するなど、一段と個性的なインテリアに仕上げられた。

価格は “ブラックカラーパッケージ”が335万円、 “レッドカラーパッケージ”は324万円。

(webCG)

「トヨタFJクルーザー“ブラックカラーパッケージ”」
「トヨタFJクルーザー“ブラックカラーパッケージ”」 拡大
こちらは「FJクルーザー“レッドカラーパッケージ”」のインテリア。
こちらは「FJクルーザー“レッドカラーパッケージ”」のインテリア。 拡大

関連キーワード:
FJクルーザー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ FJクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.30 試乗記 SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。
  • 普及のカギを握るのは総務省!? 新型「ホンダ・ヴェゼル」のコネクテッドサービスを試す 2021.4.28 デイリーコラム 新型「ホンダ・ヴェゼル」には最新のコネクテッドサービス「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」が採用されている。スマートフォンがカギの代わりになる「Hondaデジタルキー」を中心に、その使い勝手を報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • トヨタが「RAV4」を一部改良 ディスプレイオーディオを全車に標準装備 2020.8.7 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年8月7日、SUV「RAV4」を一部改良し、発売した。今回の改良ではスマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオを全車に標準装備としたほか、予防安全装備の強化も図っている。
ホームへ戻る