ジープ・ラングラー限定モデル、全8色で登場

2016.02.01 自動車ニュース
「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン ハードロック」
「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン ハードロック」 拡大

「ジープ・ラングラー アンリミテッド」のカスタマイズ限定車、全8色で登場

FCAジャパンは2016年2月1日、「ジープ・ラングラー アンリミテッド」に特別仕様車「Rubicon Hard Rock(ルビコン ハードロック)」を設定し、同日から同年3月21日までの期間限定で受注すると発表した。

 
ジープ・ラングラー限定モデル、全8色で登場の画像 拡大
レッドのシートカラー。表皮は全車レザーとなる。
レッドのシートカラー。表皮は全車レザーとなる。 拡大
タイダウンクリップ、けん引ストラップ、Dリング、グローブからなるJeep Trail Ratedキット。
タイダウンクリップ、けん引ストラップ、Dリング、グローブからなるJeep Trail Ratedキット。 拡大
 
ジープ・ラングラー限定モデル、全8色で登場の画像 拡大

ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン ハードロックは、4ドアの本格オフロードモデルであるラングラー アンリミテッドをベースとする特別仕様車。2015年に続いて、およそ1年ぶりに設定された。

最大のトピックは、国内未展開のカラーを含めた8色のボディーカラー(ブラック、ハイドロブルー、グラナイトクリスタルメタリック、ファイヤークラッカーレッド、ビレットシルバーメタリック、ブライトホワイト、ライノー、ハイパーグリーン)と、2色のシートカラー(ブラック、レッド)からなる、全14通りのカラーコンビネーションが用意されること。
そのほか、以下のドレスアップアイテムや機能的な装備が与えられる。

・レザーヒーテッドシート
・カラーステッチ入りセンターアームレスト、ドアアームレスト
・Jeepロゴ入りラバーフロアマット
・ロックレール
・フードパワードーム
・Rubiconフードデカール
・プレミアムビークルインフォメーションセンター
・ブラックカラーフューエルフィラードア
・17インチアルミホイール(ブラック)
・Jeep Trail Ratedキット(タイダウンクリップ、けん引ストラップ、Dリング、グローブ)

価格は468万7200円。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
ホームへ戻る