ボルボS60/V60/XC60に新エンジン搭載モデル

2016.02.01 自動車ニュース

「ボルボS60/V60/XC60」の新エンジン搭載モデル発売

ボルボ・カー・ジャパンは、「S60」「V60」「XC60」のモデルバリエーションを拡大し、2016年2月1日に発売した。

ターボとスーパーチャージャー、2種類の過給機が搭載される「T6」ガソリンエンジン。
ターボとスーパーチャージャー、2種類の過給機が搭載される「T6」ガソリンエンジン。 拡大

今回、ボルボの主力となる60シリーズ(S60/V60/XC60)各車に、スーパーチャージャー付きの2リッター直4直噴ターボ「T6」エンジンを搭載する「T6 AWD R-DESIGN」が追加された。
新型「T6」エンジンは、最高出力306ps、最大トルク40.8kgmを発生するガソリンエンジンで、電子制御式の4WDシステム、新開発の電子制御式8段AT(ロックアップ機構付き)が組み合わされる。

また、S60とV60には、1.5リッター直4直噴ターボ「T3」エンジンを搭載する「T3 SE」も新たに設定された。こちらの最高出力は152psで、最大トルクは25.5kgm。ロックアップ機構付きの6段ATとのコンビネーションにより、JC08モード16.5km/リッターの燃費を実現している。

追加モデルのラインナップと価格は、以下の通り。

・S60 T3 SE:434万円
・V60 T3 SE:454万円
・S60 T6 AWD R-DESIGN:614万円
・V60 T6 AWD R-DESIGN:634万円
・XC60 T6 AWD R-DESIGN:719万円

(webCG)

関連キーワード:
V60, S60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.23 試乗記 ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?
  • ボルボV90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.27 試乗記 48Vマイルドハイブリッド搭載の「ボルボV90 B6 AWDインスクリプション」で、古都・金沢まで約650kmの道のりをロングドライブ。高速道での快適性やボルボが誇るADAS「インテリセーフ」の実用性に加え、燃費性能もチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(前編)【試乗記】 2020.11.23 試乗記 昔ながらの味わいを守り続ける「ジープ・ラングラー」と、電子制御によって武装し、ぐっと現代的に変身した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。この2台で林道に繰り出し、日常生活には過剰ともいえる本格オフローダーが人気を集める理由を考えてみた。
ホームへ戻る