ロールス・ロイス・ドーン、日本上陸

2016.03.16 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・ドーン」
「ロールス・ロイス・ドーン」 拡大

ロールス・ロイスの新型コンバーチブル「ドーン」日本上陸

ロールス・ロイス・モーター・カーズは2016年3月16日、2ドア4シーターの新型コンバーチブル「ロールス・ロイス・ドーン」の展示を行った。

リアビュー。写真は、ルーフを閉じた状態のもの。
リアビュー。写真は、ルーフを閉じた状態のもの。 拡大
インテリアの様子。インストゥルメントパネルのデザインは、クーペの「レイス」と変わらない。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルのデザインは、クーペの「レイス」と変わらない。 拡大
リアシートは、独立式の2座席。
リアシートは、独立式の2座席。 拡大
トランクルーム。ルーフを閉じた場合(写真)、フルサイズのゴルフバッグを2つ収納できる。
トランクルーム。ルーフを閉じた場合(写真)、フルサイズのゴルフバッグを2つ収納できる。 拡大
 
ロールス・ロイス・ドーン、日本上陸の画像 拡大

ロールス・ロイスのドーンは、クーペの「レイス」をベースとする、4人乗りの高級オープンカーだ。レイスと同じ、リアヒンジで前方が開閉する個性的なドアを持つ。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=5295×1945×1500mmで、ホイールベースが3110mm。車重はレイスに比べ210kg増しの2640kgとなっている。

電動開閉式のソフトトップは、特別なエンジニアリングにより室内の優れた静粛性とクローズ時の美しさを実現したとうたわれるもの。全開の状態から全閉までに要する時間は20秒程度で、50km/h以下であれば走行中でも開閉できる。

長いノーズには、ツインターボで過給される6.6リッターV12エンジンが搭載される。基本的にレイスと同じパワーユニットではあるものの、最高出力と最大トルクは、レイスの632ps/5600rpm、81.6kgm/1500-5500rpmに対して、570ps/5250rpmと79.6kgm/1500-5000rpmに抑えられる。0-100km/h加速に要する時間は、4.9秒。最高速度は、リミッターで250km/hに制限されている。

インフォテインメントシステムや運転支援システムもセリングポイントのひとつ。10.25インチディスプレイやタッチパッド付きのコントローラー、熱源感知システム付きのヘッドアップディスプレイ、オートマチックハイビームなどが備わる。

価格は、レイスよりも357万円高の3740万円。受注は2016年1月に始まっており、同年の第2四半期(4~6月)にはデリバリーが開始される。

(webCG)

関連キーワード:
ドーン, ロールス・ロイス, 自動車ニュース

ロールス・ロイス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ドーン(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.13 試乗記 ロールス・ロイスがラインナップする豪華絢爛なドロップヘッドクーペ「ドーン」。全長は5.3m、エンジンは12気筒ツインターボという巨艦でオープンエアを味わうというのは、いったいどのような行為なのか? 類例のないその体験を報告する。
  • ロールス・ロイス・カリナン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.10.19 試乗記 ロールス・ロイス初のSUVは、単なる“SUVブームの産物”なのか? 北米で試乗した「カリナン」は、そんな思いを吹き飛ばすほどの実力と将来性、そして老舗高級ブランドならではのマナーを兼ね備えていた。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.20 試乗記 3代目に生まれ変わった「ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル」に試乗。ブランド創立からの起伏に富んだ100年を乗り越えた、ベントレーの高度なエンジニアリングの神髄に触れた。
ホームへ戻る