ロールス・ロイス・ドーン、日本上陸

2016.03.16 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・ドーン」
「ロールス・ロイス・ドーン」 拡大

ロールス・ロイスの新型コンバーチブル「ドーン」日本上陸

ロールス・ロイス・モーター・カーズは2016年3月16日、2ドア4シーターの新型コンバーチブル「ロールス・ロイス・ドーン」の展示を行った。

リアビュー。写真は、ルーフを閉じた状態のもの。
リアビュー。写真は、ルーフを閉じた状態のもの。 拡大
インテリアの様子。インストゥルメントパネルのデザインは、クーペの「レイス」と変わらない。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルのデザインは、クーペの「レイス」と変わらない。 拡大
リアシートは、独立式の2座席。
リアシートは、独立式の2座席。 拡大
トランクルーム。ルーフを閉じた場合(写真)、フルサイズのゴルフバッグを2つ収納できる。
トランクルーム。ルーフを閉じた場合(写真)、フルサイズのゴルフバッグを2つ収納できる。 拡大
 
ロールス・ロイス・ドーン、日本上陸の画像 拡大

ロールス・ロイスのドーンは、クーペの「レイス」をベースとする、4人乗りの高級オープンカーだ。レイスと同じ、リアヒンジで前方が開閉する個性的なドアを持つ。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=5295×1945×1500mmで、ホイールベースが3110mm。車重はレイスに比べ210kg増しの2640kgとなっている。

電動開閉式のソフトトップは、特別なエンジニアリングにより室内の優れた静粛性とクローズ時の美しさを実現したとうたわれるもの。全開の状態から全閉までに要する時間は20秒程度で、50km/h以下であれば走行中でも開閉できる。

長いノーズには、ツインターボで過給される6.6リッターV12エンジンが搭載される。基本的にレイスと同じパワーユニットではあるものの、最高出力と最大トルクは、レイスの632ps/5600rpm、81.6kgm/1500-5500rpmに対して、570ps/5250rpmと79.6kgm/1500-5000rpmに抑えられる。0-100km/h加速に要する時間は、4.9秒。最高速度は、リミッターで250km/hに制限されている。

インフォテインメントシステムや運転支援システムもセリングポイントのひとつ。10.25インチディスプレイやタッチパッド付きのコントローラー、熱源感知システム付きのヘッドアップディスプレイ、オートマチックハイビームなどが備わる。

価格は、レイスよりも357万円高の3740万円。受注は2016年1月に始まっており、同年の第2四半期(4~6月)にはデリバリーが開始される。

(webCG)

関連キーワード:
ドーン, ロールス・ロイス, 自動車ニュース

ロールス・ロイス ドーン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ドーン(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.13 試乗記 ロールス・ロイスがラインナップする豪華絢爛なドロップヘッドクーペ「ドーン」。全長は5.3m、エンジンは12気筒ツインターボという巨艦でオープンエアを味わうというのは、いったいどのような行為なのか? 類例のないその体験を報告する。
  • ベントレーがSUV「ベンテイガ」の改良版を発表 デザインを改め利便性も向上 2020.7.1 自動車ニュース 英ベントレーは2020年6月30日、マイナーチェンジを施した、ラグジュアリーSUV「ベントレー・ベンテイガ」の最新型を発表した。内外装のデザインが手直しされたほか、コネクティビティ―をはじめとする利便性も見直されている。
  • ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)【試乗記】 2014.12.19 試乗記 ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス」に試乗。歴史ある高級車メーカーが現代に送り出す、“ドライバーズカー”の運転感覚や乗り心地を報告する。
  • ベントレーが「コンチネンタルGT」に新色・新機能を採用 2020.7.6 自動車ニュース 英ベントレーモーターズは2020年7月2日(現地時間)、「コンチネンタルGT」の一部仕様を変更すると発表した。ボディーカラーが追加され、パノラミックガラスルーフを装備できる車種を拡大。ステアリングホイールのデザインも改められた。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.30 試乗記 順次、全モデルをモーター付きにするというボルボの電動化戦略。その意欲的な計画を支える一台が、セールス好調のSUV「XC60」にも設定された。最新のマイルドハイブリッドシステムを搭載する「XC60 B5」、その走りやいかに?
ホームへ戻る