日産GT-Rの2017年モデルがデビュー【ニューヨークショー2016】

2016.03.24 自動車ニュース
「日産GT-R」(2017年モデル)
「日産GT-R」(2017年モデル) 拡大

【ニューヨークショー2016】「日産GT-R」の2017年モデルがデビュー

日産自動車は2016年3月23日、ニューヨーク国際オートショー(会期:2016年3月23日~4月3日)で、ハイパフォーマンスカー「GT-R」の2017年モデルを初公開した。

■お化粧直しはそこかしこ

2017年型GT-Rには、新たなエクステリアデザインが与えられた。フロントまわりには、日産のデザインシグネチャーであるVモーションを採用。新たなメッシュパターンを持つマットクロム仕上げのグリルは、従来の空力性能を維持しながら、冷却性能を向上させた。

エンジンフードは、剛性の向上により超高速域での変形が抑制されている。フロントスポイラーは新デザイン。リアは、トレードマークであるリング型テールランプはそのままに、エアロダイナミクスに考慮して新形状のサイドアウトレットが設けられている。

インテリアデザインも大きく変更された。コックピットまわりは水平基調のデザインとしつつ、メーターからセンターコンソールにかけては、ドライバーを包み込むようなレイアウトを採用。インストゥルメントパネルは、職人による精巧なステッチを施した高品質なレザー仕立てとなっている。

カーナビのディスプレイは7インチから8インチに拡大され、操作性に優れた大型のアイコンが表示される。カーボン製のセンターコンソール上には「ITコマンダー」が配置され、モニター上の設定・操作を手元で行うことができるようになった。

シフトパドルは、ステアリングコラム固定式からステアリングホイール固定タイプに変更された。操作力やストローク量だけでなく、操作時のクリック感も最適化し、シフト時の操作感が向上したという。

■磨きのかかった走行性能

3.8リッターV6ツインターボエンジンは、筒別点火時期制御の採用とターボチャージャーの改良により、現行モデルよりパワーアップ。最高出力565hp/6800rpm、最大トルク467lb-ft(64.5kgm)/3300-5800rpmを発生する。円滑なギアチェンジと変速時のノイズ低減を実現する改良型6段デュアルクラッチトランスミッションとの組み合わせにより、中速~高速域(3200rpm以上)においてスムーズな加速を実現するとうたわれる。

2017年型GT-Rは、軽量化にも貢献する新設計のチタン製合金マフラーや「アクティブ・サウンド・コントロール」を装備。これにより、心地よいエンジンサウンドを提供するとアピールされる。

また、リファインされたサスペンションと新デザインの20インチY字スポーク鍛造アルミホイールにより、タイヤの接地性がアップ。高速走行時の安定性を向上させた。一方で、吸音材・遮音構造の徹底的な見直しにより、室内におけるロードノイズや風切音は大幅に低減。全ての速度域で高い静粛性を実現したという。

2017年モデルでは、新たなボディーカラー「ブレイズメタリック」が追加される。プレミアムエディション専用のセミアニリンレザーの内装には、これまでの「ブラック/アンバーレッド」「ブラック/アイボリー」の2色に加えて、「ブラック/サドルタン」「サムライブラック」が選べるようになる。

日産GT-Rの2017年モデルは、米国では2016年夏に発売される。

(webCG)

→日産GT-R(2017年モデル)のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
GT-R, 日産, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産が「GT-R NISMO」2020年モデルの価格を発表 「トラックエディション」もブラッシュアップされて登場 2019.7.25 自動車ニュース 日産自動車は2019年7月24日、「GT-R NISMO」と「GT-Rトラックエディションengineered by NISMO」の、2020年モデルの価格を発表した。トラックエディションは、標準車の「GT-R」ほぼそのままのフォルムに、GT-R NISMOの足まわりと高剛性ボディーを融合した仕様となる。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2021.2.5 試乗記 欧州のライバルとFF車世界最速争いを繰り広げる「ホンダ・シビック タイプR」が、マイナーチェンジを受けた。派手ではないが、ツウをうならせる改良が施された“現行最終型”の出来栄えやいかに? 進化したその走りを報告する。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る