日本導入を記念した特別なC63クーペ登場

2016.04.18 自動車ニュース
「メルセデスAMG C63 SクーペEdition 1」
「メルセデスAMG C63 SクーペEdition 1」 拡大

日本導入を記念した特別な「メルセデスAMG C63クーペ」登場

メルセデス・ベンツ日本は2016年4月15日、「メルセデスAMG C63クーペ」の特別仕様車「C63 SクーペEdition 1(エディション1)」を発表した。受注は同年7月31日までの期間限定で、発売は同年6月ごろとなる予定。

■外にはブラック、内にはイエローのアクセントを採用

C63 SクーペEdition 1は、同日発表されたC63クーペの日本導入を記念した特別仕様車である。

特徴は特別な仕立ての内外装にあり、エクステリアにはマットブラック塗装のAMG 5ツインスポークアルミホイール(鍛造)や、専用デザインのリアサイドスポイラーリップとリアディフューザーを採用。前後のバンパーやサイドスカート、ドアミラー、トラックリッドスポイラーリップはハイグロスブラック仕上げとしている。

一方インテリアについては、同車専用に用意されたバケットタイプのAMGパフォーマンスシートや、AMGパフォーマンスステアリングを装備。センターコンソールとドアパネルにはマットカーボンとアルミニウムの装飾パネルを用い、またシートやセンターコンソール、ドアセンターコンソールなど各所にイエローのステッチを施している。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・マットブラックペイント19/20インチAMG 5ツインスポークアルミホイール(鍛造)
・ハイグロスブラックパーツ(フロントスポイラーセンター部、リアバンパー、ドアミラー、ウィンドウアーチモール
・専用フロントスポイラーリップ
・専用サイドスカート
・専用リアデザイン(トランクリッドスポイラー、テールパイプトリム部分、リアディフューザー)
・専用リアサイドスポイラーリップ
・AMGパフォーマンスシート(イエローダイヤモンドステッチ入り)[前席]
・レザーDINAMICA製AMGパフォーマンスステアリング
・ナッパレザードアセンターパネル(イエローダイヤモンドステッチ入り)
・イエローパイピング付きAMGフロアマット
・AMGドアシルパネル(イエローイルミネーション)

ボディーカラーは「オブシディアンブラック」と「ブリリアントブルー」「ダイヤモンドホワイト」「イリジウムシルバーマグノ」の全4色。インテリアカラーはブラックのみの設定となる。

価格は1445万円。

(webCG)
 

 

関連キーワード:
Cクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • メルセデス・ベンツC180アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.9.24 試乗記 内外装ともエレガントで華やかに生まれ変わった「メルセデス・ベンツCクラス」。新型もこれまでどおりドイツ車の、いや世界のコンパクトクラスの模範たりえるか。シリーズの中核的存在「C180アバンギャルド」に乗って考えた。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.11.23 試乗記 ライバルを突き放すべく、変更箇所が6500にも上るというマイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。今回のテスト車は1.5リッターターボエンジンにマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「C200アバンギャルド」。果たしてその出来栄えは!?
  • テスラ・モデル3パフォーマンス(4WD)【試乗記】 2019.11.22 試乗記 EV専業メーカーのテスラが開発した、新たな4ドアセダン「モデル3」。ほかのテスラ車に比べて手の届きやすい価格設定だが、その走りや使い勝手はどうか? パワーとスタミナが自慢の最上級グレードで確かめた。
ホームへ戻る