日本導入を記念した特別なC63クーペ登場

2016.04.18 自動車ニュース
「メルセデスAMG C63 SクーペEdition 1」
「メルセデスAMG C63 SクーペEdition 1」 拡大

日本導入を記念した特別な「メルセデスAMG C63クーペ」登場

メルセデス・ベンツ日本は2016年4月15日、「メルセデスAMG C63クーペ」の特別仕様車「C63 SクーペEdition 1(エディション1)」を発表した。受注は同年7月31日までの期間限定で、発売は同年6月ごろとなる予定。

■外にはブラック、内にはイエローのアクセントを採用

C63 SクーペEdition 1は、同日発表されたC63クーペの日本導入を記念した特別仕様車である。

特徴は特別な仕立ての内外装にあり、エクステリアにはマットブラック塗装のAMG 5ツインスポークアルミホイール(鍛造)や、専用デザインのリアサイドスポイラーリップとリアディフューザーを採用。前後のバンパーやサイドスカート、ドアミラー、トラックリッドスポイラーリップはハイグロスブラック仕上げとしている。

一方インテリアについては、同車専用に用意されたバケットタイプのAMGパフォーマンスシートや、AMGパフォーマンスステアリングを装備。センターコンソールとドアパネルにはマットカーボンとアルミニウムの装飾パネルを用い、またシートやセンターコンソール、ドアセンターコンソールなど各所にイエローのステッチを施している。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・マットブラックペイント19/20インチAMG 5ツインスポークアルミホイール(鍛造)
・ハイグロスブラックパーツ(フロントスポイラーセンター部、リアバンパー、ドアミラー、ウィンドウアーチモール
・専用フロントスポイラーリップ
・専用サイドスカート
・専用リアデザイン(トランクリッドスポイラー、テールパイプトリム部分、リアディフューザー)
・専用リアサイドスポイラーリップ
・AMGパフォーマンスシート(イエローダイヤモンドステッチ入り)[前席]
・レザーDINAMICA製AMGパフォーマンスステアリング
・ナッパレザードアセンターパネル(イエローダイヤモンドステッチ入り)
・イエローパイピング付きAMGフロアマット
・AMGドアシルパネル(イエローイルミネーション)

ボディーカラーは「オブシディアンブラック」と「ブリリアントブルー」「ダイヤモンドホワイト」「イリジウムシルバーマグノ」の全4色。インテリアカラーはブラックのみの設定となる。

価格は1445万円。

(webCG)
 

 

関連キーワード:
Cクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る