550psの「日産GT-R」2012年モデル発売

2011.11.09 自動車ニュース

550psの「日産GT-R」2012年モデル発売

日産自動車は2011年11月7日、ハイパフォーマンスモデル「GT-R」の2012モデルを11月24日に発売すると発表した。

2012年モデルの「日産GT-R」は、最高出力が530psから550psにアップするなど、技術的なリファインが施される。また、ハードコアモデル「スペックV」がカタログ落ちしたのを受けて、そのキャラクターを具現できるカスタマイズオプションとして、セットオプション「For TRACK PACK」が新たに設定された。

2011年モデルから2012年モデルへの代表的な変更は、以下のとおり。

■エンジン
・吸気および排気効率の向上(キャタライザーの抵抗低減、冷却効率に優れる排気バルブの採用、エンジンマネージメント変更)などにより、最高出力が530ps/6400rpmから550ps/6400rpmに、最大トルクが62.5kgm/3200-6000rpmから64.5kgm/3200-5800rpmにアップ。
・JC08モード燃費が8.6km/リッターから8.7km/リッターに向上。

■トランスミッション
・シフトフィールと静粛性の向上。
・モータースポーツ用のデファレンシャルオイル「NISMO COMPETITION OIL type2189E(75W140)」(MOTUL製)の採用。

■ボディー
・エンジンの出力向上に伴い、エンジンルーム後部、ダッシュボードパネル周辺を中心に強化。

■サスペンションおよびブレーキ
・ドライバーの体重や車体中心より右側に位置する前輪用プロペラシャフトなどに配慮した、「サスペンションの左右非対称セッティング」の導入。
・NCCB(Nissan Carbon Ceramic Brake)を「プレミアムエディション」と「エゴイスト」にメーカーオプションで設定。

■インテリア
・タコメーターのリング内側にブルーのイルミネーションを追加。
・BOSEサウンドシステムのウーファーを、「エゴイスト」用に開発したBOSEプレシジョンサウンドシステムのウーファーに変更。

■For TRACK PACK
・よりスパルタンな走りを楽しみたいユーザー向けに、「ピュアエディション」用のセットオプション「For TRACK PACK」(2シーター化、専用サスペンション、前後ブレーキ冷却用のエアガイド、レイズ製の鍛造アルミホイール、カーボン製エアダクト付きフロントスポイラー)を設定。

価格は、以下のとおり。

・ピュアエディション:869万4000円
(オプション「For TRACK PACK」:147万円)
・ブラックエディション:947万1000円
・プレミアムエディション:961万8000円
・エゴイスト:1500万300円

(webCG 関)

「日産GT-R ピュアエディション(For TRACK PACK装着車)」
「日産GT-R ピュアエディション(For TRACK PACK装着車)」 拡大
オプション「For TRACK PACK」の「カーボン製エアダクト付きフロントスポイラー」。
オプション「For TRACK PACK」の「カーボン製エアダクト付きフロントスポイラー」。 拡大
同じく、オプション「For TRACK PACK」の「レイズ製鍛造アルミホイール」。「スペックV」用と同じもの。
同じく、オプション「For TRACK PACK」の「レイズ製鍛造アルミホイール」。「スペックV」用と同じもの。 拡大

関連キーワード:
GT-R, 日産, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • 第697回:【Movie】3.8リッター波動エンジン搭載! 大矢アキオが「日産GT-R50 by Italdesign」を試す 2021.3.11 マッキナ あらモーダ! 日産自動車とイタルデザインがコラボレーションした「日産GT-R50 by Italdesign」に、大矢アキオが試乗。お値段約1億2700万円の日伊合作エキゾチックカーには、「宇宙戦艦ヤマト」と同じ波動エンジンが搭載されていた(と感じた)。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(後編) 2021.3.28 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師による「日産GT-Rプレミアムエディション」の試乗リポート後編。前回、「速いし足も高次元に進化したが、刺激的ではない」と評した走りについて、より詳しく語ってもらった。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(前編) 2021.3.21 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画「池沢早人師の恋するニューモデル」。今回は誕生から50年以上の歴史を誇り、和製ハイパフォーマンスモデルとして進化を続ける「日産GT-R」を題材に、その印象を語ってもらった。
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
ホームへ戻る