「ルノー・カングー」に赤と緑の限定車が登場

2016.05.15 自動車ニュース
ボディーカラーに「ヴェール シトロン メタリック」が選択された「ルノー・カングー ペイザージュ」。
ボディーカラーに「ヴェール シトロン メタリック」が選択された「ルノー・カングー ペイザージュ」。 拡大

ルノー・ジャポンは2016年5月15日、「カングー」に特別仕様車「ペイザージュ」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。

「ルージュ パボ メタリック」の「カングー ペイザージュ」。
「ルージュ パボ メタリック」の「カングー ペイザージュ」。 拡大
「カングー ペイザージュ」のインテリア。
「カングー ペイザージュ」のインテリア。 拡大
バスク地方をイメージした緑と赤を設定。
バスク地方をイメージした緑と赤を設定。 拡大

カングー ペイザージュは、専用設定のボディーカラーを特徴とするカングーの限定モデルである。第4弾となる今回のモデルでは、「ヴェール シトロン メタリック」(緑)と「ルージュ パボ メタリック」(赤)の2色が設定されている。

今回のボディーカラーは、フランス南西部に位置し、フランスとスペインにまたがるバスク地方の町の風景をテーマとしたもので、ルージュ パボ メタリックは赤い木組みが用いられた建築を、ヴェール シトロン メタリックは豊かな自然をイメージしているという。

その他の特別装備は以下の通り。
・シルバー&ブラックフロントバンパー/ブラックリアバンパー
・シルバードアミラー
・プライバシーガラス※
・カーテンエアバッグ※
・フロントシートバックテーブル※
・可倒式助手席※
※カタログモデル「カングー ゼン」6MT車には標準で採用。

販売台数は各色100台で、その内訳はAT仕様が70台、MT仕様が30台となっている。価格はベース車の「ゼン」と同額で、AT仕様が241万5000円、MT仕様が247万円。

(webCG)

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カングー リミテッド ディーゼルMT(FF/6MT)【試乗記】 2021.7.19 試乗記 長く愛されてきた2代目「ルノー・カングー」の最終ロットがいよいよ日本上陸。しかもその中身は、最後にして最初となるディーゼルエンジン搭載モデルである。そしてこの希少な初物では、カングーの美点がガソリンモデル以上に味わえるのだからたまらない。
  • ホンダ・グロム(5MT)【レビュー】 2021.7.18 試乗記 グローバルで展開される、ホンダの売れっ子オートバイ「グロム」。第3世代へと進化した最新モデルは、小さいながらも楽しさと実用性を兼ね備えた、完成度の高い一台に仕上がっていた。
  • ホンダ・ヴェゼルG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.7.12 試乗記 電動化! ハイブリッド! で攻勢をかけている新型「ホンダ・ヴェゼル」だが、注目度の低い(?)純ガソリンエンジン搭載モデルがあるのをご存じだろうか。この最廉価グレードはヴェゼルファンに対するホンダの良心か、それとも……?
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • 「ポルシェ・マカン」の改良モデル登場 全モデルでエンジンがパワーアップ 2021.7.21 自動車ニュース ポルシェジャパンは2021年7月20日、コンパクトSUV「マカン」の改良モデルを発表した。今回導入するのは「マカン」と「マカンS」、「マカンGTS」の3バージョン。内外装のブラッシュアップに加え、全モデルともパワーアップした最新エンジンを搭載している。
ホームへ戻る