「ルノー・カングー」に赤と緑の限定車が登場

2016.05.15 自動車ニュース
ボディーカラーに「ヴェール シトロン メタリック」が選択された「ルノー・カングー ペイザージュ」。
ボディーカラーに「ヴェール シトロン メタリック」が選択された「ルノー・カングー ペイザージュ」。 拡大

ルノー・ジャポンは2016年5月15日、「カングー」に特別仕様車「ペイザージュ」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。

「ルージュ パボ メタリック」の「カングー ペイザージュ」。
「ルージュ パボ メタリック」の「カングー ペイザージュ」。 拡大
「カングー ペイザージュ」のインテリア。
「カングー ペイザージュ」のインテリア。 拡大
バスク地方をイメージした緑と赤を設定。
バスク地方をイメージした緑と赤を設定。 拡大

カングー ペイザージュは、専用設定のボディーカラーを特徴とするカングーの限定モデルである。第4弾となる今回のモデルでは、「ヴェール シトロン メタリック」(緑)と「ルージュ パボ メタリック」(赤)の2色が設定されている。

今回のボディーカラーは、フランス南西部に位置し、フランスとスペインにまたがるバスク地方の町の風景をテーマとしたもので、ルージュ パボ メタリックは赤い木組みが用いられた建築を、ヴェール シトロン メタリックは豊かな自然をイメージしているという。

その他の特別装備は以下の通り。
・シルバー&ブラックフロントバンパー/ブラックリアバンパー
・シルバードアミラー
・プライバシーガラス※
・カーテンエアバッグ※
・フロントシートバックテーブル※
・可倒式助手席※
※カタログモデル「カングー ゼン」6MT車には標準で採用。

販売台数は各色100台で、その内訳はAT仕様が70台、MT仕様が30台となっている。価格はベース車の「ゼン」と同額で、AT仕様が241万5000円、MT仕様が247万円。

(webCG)

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • KANGOOでGO! 2020.7.2 おでかけするならルノーで行こう<AD> いよいよ夏本番。今度の休みは、どこへ行こう? ルノーのマルチパーパスビークル「カングー」で出掛けたら、期待いっぱいのドライブは、さらに楽しいものになるだろう。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • シトロエンの未来を占うニューモデル 新型「C4」のデザインを読み解く 2020.7.22 デイリーコラム 2020年6月末に発表された新型「シトロエンC4」は「シトロエンの2度目の誕生」という言葉で形容されるように、ブランドの将来を占う一台だ。C4はどう変わったのかを知るとともに、なぜ変わらなければならなかったのかを考察する。
  • ホンダADV150(MR/CVT)【レビュー】 2020.7.22 試乗記 個性的なデザインをまとうホンダの新型スクーター「ADV150」。しかし、カッコだけの小型バイクと侮るなかれ。それはあらゆる道が“遊び場”に感じられるほどの、最高にファン・トゥ・ライドな一台だった。
ホームへ戻る