ホンダが新型「NSX」をラインオフ、第1号車を納車

2016.05.25 自動車ニュース

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年5月24日(現地時間)、新型「NSX」北米仕様の量産第1号車をラインオフし、ユーザーに納車したと発表した。

新型NSXは、3.5リッターV6ターボエンジンと3つのモーターからなるハイブリッドシステムを搭載したミドシップのスポーツモデルであり、米国ではアキュラブランドのモデルとして販売される。

第1号車のオーナーとなったのは、2016年1月に行われたBarrett-Jackson(バレット・ジャクソン)のチャリティーオークションでその権利を落札したリック・ヘンドリック氏である。落札金額の120万ドルは、米国の2つのチャリティー団体に寄付されたという。

新型NSXの納車に際し、ヘンドリック氏は「この素晴らしい新型NSXの第1号車を手にすることと、これを通じてチャリティーに貢献できることは、非常に特別な瞬間であると感じています」と述べた。

新型NSXの生産は、同車専用工場として設立されたオハイオ州メアリズビルの「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で行われ、北米仕様車を皮切りに、各地域向けの生産も順次開始される。

(webCG)
 

新型「アキュラNSX」の量産第1号車と、同車のオーナーとなったリック・ヘンドリック氏(写真左)、パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターでNSX生産プロジェクトリーダーを務めるクレメント・ズソーザ氏(同右)。
新型「アキュラNSX」の量産第1号車と、同車のオーナーとなったリック・ヘンドリック氏(写真左)、パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターでNSX生産プロジェクトリーダーを務めるクレメント・ズソーザ氏(同右)。 拡大

関連キーワード:
NSX, ホンダ, -->, 自動車ニュース

ホンダ NSX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(その3) 2016.8.25 画像・写真 新型「ホンダNSX」には、3.5リッターターボエンジンと3基のモーターからなる「スポーツハイブリッドSH-AWD」が採用されている。高いスロットルレスポンスとコーナリング性能を実現するという同システムを、写真で紹介する。
  • ホンダNSX(その2) 2016.8.25 画像・写真 「ホンダNSX」のグレードは1種類のみだが、カーボンファイバーの内外装パーツや電動調整機構付きのセミアニリンレザーシートなど、さまざまなオプションが用意されている。カーボンパーツでドレスアップされたNSXの姿を写真で紹介する。
  • レクサスIS300h“バージョンL”/IS300h“Fスポーツ”/IS300“Fスポーツ”【試乗記】 2020.12.25 試乗記 セダン冬の時代と言われて久しいが、「レクサスIS」の最新型は、この情勢を一変させられるか? フルモデルチェンジ並みの改良策が施された、プレミアムスポーツセダンの走りをリポートする。
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
ホームへ戻る