ホンダが新型「NSX」をラインオフ、第1号車を納車

2016.05.25 自動車ニュース

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年5月24日(現地時間)、新型「NSX」北米仕様の量産第1号車をラインオフし、ユーザーに納車したと発表した。

新型NSXは、3.5リッターV6ターボエンジンと3つのモーターからなるハイブリッドシステムを搭載したミドシップのスポーツモデルであり、米国ではアキュラブランドのモデルとして販売される。

第1号車のオーナーとなったのは、2016年1月に行われたBarrett-Jackson(バレット・ジャクソン)のチャリティーオークションでその権利を落札したリック・ヘンドリック氏である。落札金額の120万ドルは、米国の2つのチャリティー団体に寄付されたという。

新型NSXの納車に際し、ヘンドリック氏は「この素晴らしい新型NSXの第1号車を手にすることと、これを通じてチャリティーに貢献できることは、非常に特別な瞬間であると感じています」と述べた。

新型NSXの生産は、同車専用工場として設立されたオハイオ州メアリズビルの「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で行われ、北米仕様車を皮切りに、各地域向けの生産も順次開始される。

(webCG)
 

新型「アキュラNSX」の量産第1号車と、同車のオーナーとなったリック・ヘンドリック氏(写真左)、パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターでNSX生産プロジェクトリーダーを務めるクレメント・ズソーザ氏(同右)。
新型「アキュラNSX」の量産第1号車と、同車のオーナーとなったリック・ヘンドリック氏(写真左)、パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターでNSX生産プロジェクトリーダーを務めるクレメント・ズソーザ氏(同右)。 拡大

関連キーワード:
NSX, ホンダ, -->, 自動車ニュース