ホンダが新型「NSX」をラインオフ、第1号車を納車

2016.05.25 自動車ニュース

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年5月24日(現地時間)、新型「NSX」北米仕様の量産第1号車をラインオフし、ユーザーに納車したと発表した。

新型NSXは、3.5リッターV6ターボエンジンと3つのモーターからなるハイブリッドシステムを搭載したミドシップのスポーツモデルであり、米国ではアキュラブランドのモデルとして販売される。

第1号車のオーナーとなったのは、2016年1月に行われたBarrett-Jackson(バレット・ジャクソン)のチャリティーオークションでその権利を落札したリック・ヘンドリック氏である。落札金額の120万ドルは、米国の2つのチャリティー団体に寄付されたという。

新型NSXの納車に際し、ヘンドリック氏は「この素晴らしい新型NSXの第1号車を手にすることと、これを通じてチャリティーに貢献できることは、非常に特別な瞬間であると感じています」と述べた。

新型NSXの生産は、同車専用工場として設立されたオハイオ州メアリズビルの「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で行われ、北米仕様車を皮切りに、各地域向けの生産も順次開始される。

(webCG)
 

新型「アキュラNSX」の量産第1号車と、同車のオーナーとなったリック・ヘンドリック氏(写真左)、パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターでNSX生産プロジェクトリーダーを務めるクレメント・ズソーザ氏(同右)。
新型「アキュラNSX」の量産第1号車と、同車のオーナーとなったリック・ヘンドリック氏(写真左)、パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターでNSX生産プロジェクトリーダーを務めるクレメント・ズソーザ氏(同右)。 拡大

関連キーワード:
NSX, ホンダ, -->, 自動車ニュース

ホンダ NSX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • 「BMW 8シリーズ グランクーペ」に京都の匠とコラボした限定車「京都エディション」登場 2020.8.28 自動車ニュース BMWが「8シリーズ グランクーペ」の特別仕様車「京都エディション」を3台限定で発売。漆芸家の岡田紫峰氏が手掛けた、漆塗り蒔絵螺鈿(まきえらでん)細工のセンターコンソールパネルや、老舗西陣織メーカーである加納幸のクッションなどが採用されている。
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
ホームへ戻る