「フィアット500」にサンゴの赤をまとう特別限定車

2016.06.01 自動車ニュース
「フィアット500コラーロ」
「フィアット500コラーロ」 拡大

FCAジャパンは2016年6月1日、「フィアット500」の特別仕様車「Corallo(コラーロ)」を発表した。100台限定で、同年6月11日に発売する。

フィアット500コラーロは、通常は設定されていない「1.2ラウンジ」をベースとする特別限定車。一番の特徴は、専用色の「コーラルレッド」がボディーカラーや一部のシートカラーに採用されていることで、限定車ならではの15インチアロイホイールも与えられる。

車名のコラーロは、イタリア語でサンゴを意味する。車両の売り上げの一部は、石垣島周辺沿岸域でサンゴ礁の再生活動を行う特定非営利法人アクアプラネットに寄付され、100本のサンゴの苗の植え付けに活用される。

価格は231万1200円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • パステルイエローをまとったオフロードテイストの「フィアット・パンダ クロス4×4」登場 2020.10.13 自動車ニュース FCAジャパンは2020年10月13日、クロスオーバーSUV「フィアット・パンダ クロス4×4」を150台の台数限定で、同年10月24日に発売すると発表した。パステルイエローの外装色やオフロードテイストの外装パーツが特徴となっている。
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
  • 新型コンパクトSUV「日産マグナイト」がデビュー 2020.10.21 自動車ニュース マグナイトは日産がインドで初めて扱う全長4m以下のSUVで、その名は「Magnetic(魅力のある)」と「Ignite(感情を喚起する)」に由来。2021年初頭に同国で発売された後は、その他の地域でも展開される。
  • 第191回:マンゾクマンゾク、マンゾク倶楽部 2020.10.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第191回は、「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」で夜の首都高に出撃! 前回の「ポルシェ911 GT3 RS」では降り出した雨のせいで“男のマンゾク”を存分に味わうことなく終わったが、今夜は違う。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る