「スバルBRZ」に足まわりを鍛えた最上級グレード登場

2016.07.05 自動車ニュース
「スバルBRZ GT」
「スバルBRZ GT」 拡大

富士重工業は2016年7月5日、「スバルBRZ」に新たな最上級グレード「GT」を設定し、同年秋に発売すると発表した。また同グレードをベースとした特別仕様車「イエローエディション」の先行予約受け付けを、同年7月7日に開始する。

ZF製のザックスダンパー。
ZF製のザックスダンパー。 拡大
ブレンボ製ブレーキ。
ブレンボ製ブレーキ。 拡大
アルカンターラと本革のコンビシート
アルカンターラと本革のコンビシート。 拡大

■ザックスのダンパーとブレンボのブレーキを装備

BRZ GTは、2リッター水平対向4気筒エンジンやトランスミッションなどはそのままに、足まわりを改良することで運動性能を高めた新グレードである。

具体的には、フロントが17インチ対向4ポット、リアが17インチ対向2ポットのブレンボ製ベンチレーテッドディスクブレーキや、ZF製のザックスダンパーを採用。タイヤサイズは「S」と同じ215/45R17で、スーパーブラックハイラスター塗装を施した専用デザインの17インチアルミホイールを装備している。

また、空力パーツとしてはSではオプション扱いとなるリアスポイラーを標準で採用。インテリアは基本的にSに準じているが、こちらについてもSではオプションとなるアルカンターラと本革のコンビシートを標準装備としている。

価格は6段MT仕様が331万5600円、6段AT仕様が337万5000円。

※上述の価格および仕様については、いずれも予定。

「BRZイエローエディション」
「BRZイエローエディション」 拡大
BRZイエローエディション」のリアビュー。
「BRZイエローエディション」のリアビュー。 拡大
17インチアルミホイール(ブラック)
17インチアルミホイール(ブラック) 拡大
BRZイエローエディション」のインテリア。
「BRZイエローエディション」のインテリア。 拡大
アルカンターラ/本革シート(ブラック/イエロー、フロントシートヒーター付き)
アルカンターラ/本革シート(ブラック/イエロー、フロントシートヒーター付き) 拡大

■販売台数は100台、イエローが目を引く限定モデル

同時に発表されたイエローエディションは、専用の内外装を特徴とする特別仕様車であり、販売台数は100台まで、受注期間は2016年10月31日までの限定となる。

エクステリアでは、ボディーカラーを「チャコールサイトイエロー」とするとともに、17インチホイールやドアミラーなどをブラックアウト。インテリアについては、ドアグリップやシートの肩まわりにイエローのアクセントを、メーターバイザーやインストゥルメントパネルなどにゴールドのステッチを採用している。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・17インチアルミホイール(ブラック)
・アルカンターラ/本皮シート(ブラック/イエロー、フロントシートヒーター付き)
・本革巻きステアリングホイール(高触感革、ゴールドステッチ)
・本革巻きハンドブレーキレバー(ゴールドステッチ)
・シフトレバー(MT車はシフトノブ)&ハンドブレーキレバーブーツ(ゴールドステッチ)
・レザー調素材巻きのダッシュボード装飾パネル(ゴールドステッチ)
・ドアトリム(ゴールドステッチ<アームレスト、ショルダーパッド>)
・ドアグリップ(イエロー/シルバー)
・メーターバイザー(レザー調素材巻き、ゴールドステッチ)
・ニーパッド(レザー調素材巻き、ゴールドステッチ)(運転席、助手席)
・BRZエンブレム(ブラック)
・ブラックカラードドアミラー
・ブラックルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)

価格は6段MT仕様が336万9600円、6段AT仕様が342万9000円。

(webCG)

→「スバルBRZ」の大幅改良のニュースはこちら

 

関連キーワード:
BRZ, スバル, 自動車ニュース

スバル BRZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • 日産キックスX(FF)【試乗記】 2020.8.14 試乗記 日産の新型車「キックス」に試乗。自慢の電動パワートレイン「e-POWER」と、これに合わせて再チューニングしたという足まわりが織りなす走りはひとこと「軽快」だ。海を越えてやってきたこの小型SUVは、日産に久しぶりの明るいニュースをもたらすかもしれない。
ホームへ戻る