南国のビーチをイメージした「シトロエンC3」発売

2016.07.08 自動車ニュース
「シトロエンC3 FEEL」
「シトロエンC3 FEEL」 拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年7月8日、「シトロエンC3」の特別仕様車「C3 FEEL(フィール)」を発売した。

「C3 FEEL」のファブリックシート。
「C3 FEEL」のファブリックシート。 拡大
新デザインのホイールキャップ。
新デザインのホイールキャップ。 拡大
頭上まで広がる、「C3 FEEL」の「ゼニスウィンドウ」。今回初採用された「FEEL」というグレード名は今後、シトロエン車のメイングレードに用いられるとのこと。
頭上まで広がる、「C3 FEEL」の「ゼニスウィンドウ」。今回初採用された「FEEL」というグレード名は今後、シトロエン車のメイングレードに用いられるとのこと。 拡大

今回のシトロエンC3 FEELは、ブルーのステッチを採用した新ファブリックシートと、新デザインの16インチホイールキャップが特徴。200万円を切る価格(199万円)もセリングポイントとされている。

ボディーカラーは、南国のビーチをイメージしたという新色「ブルー バリア」を含む、4色が用意される。

(webCG)

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン<エメラルドインテリア>(FF/6AT)【試乗記】 2021.1.27 試乗記 マイナーチェンジで見た目の印象が強まった、シトロエンのコンパクトハッチ「C3」。そのステアリングを握ったなら、つくり手のポリシーを感じるほどの、個性的な乗り味にも驚かされることだろう。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 第657回:登録済み未使用車を狙え! 新車は高いが、お買い得な輸入車5選 2021.9.20 エディターから一言 登録済み未使用車とは、一般に「ディーラーなどの名義で登録されたが一度もユーザーの手に渡っていない販売車両」のこと。新車価格は高いが、ひょっとしたら狙えるかもしれないというお得なモデル5台を紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(前編) 2021.9.19 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。歴代モデルの出来栄えによってハッチバック車の基準というゆるぎないポジションを確立してきたゴルフ。果たして山野は、新型にどんな印象を抱いたのだろうか。
  • ホンダ・フィットe:HEVモデューロX(FWD)【試乗記】 2021.9.21 試乗記 現行型「ホンダ・フィット」のなかで唯一のスポーツモデルとなる「フィットe:HEVモデューロX」。専用パーツで武装し徹底的なテストで磨き込まれたコンプリートカーは、つくり手の技が光る特別な一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る