ルノーが「カングー」にデュアルクラッチ式ATを搭載

2016.07.21 自動車ニュース

ルノー・ジャポンは2016年7月21日、「カングー」に「ゼン(EDC)と「アクティフ(6MT)の2グレードを追加し、販売を開始した。

今回追加されたゼン(EDC)は、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式ATの「6段エフィシエントデュアルクラッチ(EDC)」を組み合わせた新グレードである。一方のアクティフ(6MT)は装備を簡素化したエントリーグレードであり、1.2リッター直噴ターボエンジンに6段MTを組み合わせている。

ボディーカラーはゼン(EDC)が「ジョン アグリュム」「ブラン ミネラル」「マロンショコラM」「ノワール メタルM」「ブルー エトワールM」「ブルー コスモスM」の6色。このうち、メタリックカラー(カラー名にMと記載があるもの)については3万2400円の有償色となる。一方、アクティフ(6MT)には「ブラン ミネラル」「グリ メタン」の2色が用意される。

ラインナップと価格は以下の通り。
・カングー ゼン(EDC):259万円
・カングー ゼン(6MT):247万円
・カングー ゼン(AT):241万5000円
・カングー アクティフ(6MT):235万円

(webCG)
 

「ルノー・カングー ゼン(EDC)」
「ルノー・カングー ゼン(EDC)」 拡大

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.17 試乗記 日本でも根強い人気を誇る「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式ATを組み合わせた「ゼンEDC」が登場。新たなパワートレインと、カングーならではのふんわりとした走り心地のマッチングやいかに?
  • ルノー・カングー ゼン(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.19 試乗記 日本のルノーの半分を占める人気モデル「カングー」に1.2リッターターボエンジンと6段MT搭載の新グレードが追加設定。マニアが注目する(?)新パワートレインの魅力を味わった。
  • 「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から 2019.6.4 画像・写真 2019年5月26日、「ルノー カングー ジャンボリー2019」が山梨・山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」で開催された。第11回となる今回は、過去最大となる1714台もの「カングー」が全国から集結。当日の模様を写真で紹介する。
  • 「ルノー カングージャンボリー2018」の会場から 2018.5.15 画像・写真 2018年5月14日に行われた、「ルノー・カングー」のファンミーティングであるカングー ジャンボリー。10周年を迎えた記念すべきイベントの様子を、写真とともにリポートする。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.20 試乗記 プジョーの人気SUV「3008」にプラグインハイブリッドモデルの「GTハイブリッド4」が登場。プジョー史上最強をうたう最高出力300PS、最大トルク520N・mの電動4WDパワートレインの仕上がりを試してみた。
ホームへ戻る