ディーゼルの「ボルボS60/V60」に洗練された内外装の特別仕様車

2016.07.26 自動車ニュース

セダンのS60 D4 ダイナミックエディションとワゴンのV60 D4 ダイナミックエディションは、内外装をドレスアップすることで、S60/V60のダイナミックなドライビングにさらなる洗練とスポーティーな印象を与えたという特別仕様車。以下の装備がセリングポイントとなっている。ボルボ・カー・ジャパンは2016年7月26日、ディーゼルの「ボルボS60/V60」に特別仕様車「D4 Dynamic Edition(ダイナミックエディション)」を設定し、同年8月10日 に発売すると発表した。

【外装】
・専用グロッシーブラック仕上げ(フロントバンパー下部、ウィンドウフレーム、リアバンパー下部、ドアミラーフット部)
・専用フロントグリル(グロッシーブラック仕上げ、横格子はクローム仕上げ)
・専用18インチアルミホイール 8.0J×18“Tucan”ダイヤモンドカット(グロッシーブラック、235/40R18タイヤ付き)

【内装】
・オフブラックおよびソフトベージュのスポーツレザーシート
・アンスラサイトブラックのインテリア
・チャコールのルーフライニング

【装備】
・PCC/キーレスドライブ
・フロント8ウェイパワーシート
・フロントシートヒーター
・12セグ地上デジタルTV(リモートコントロール付き)

ボディーカラーは、アイスホワイト、クリスタルホワイトパール、オニキスブラックメタリック、ルミナスサンドメタリック、マッセルブルーメタリックの全5色。

価格は以下の通り。
・S60 D4 ダイナミックエディション:479万円
・V60 D4 ダイナミックエディション:499万円

(webCG)

ボルボの「S60 D4 ダイナミックエディション」(写真左)および「V60 D4 ダイナミックエディション」。
ボルボの「S60 D4 ダイナミックエディション」(写真左)および「V60 D4 ダイナミックエディション」。 拡大

関連キーワード:
V60, S60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ビューティフル&ダイナミック!
    ボルボのデザインディレクターが新型「V60」を語る
    2018.9.28 デイリーコラム ハンサムなボルボのエステート、新型「V60」はどんな背景で開発されたのか? そのデザインを手がけたT.ジョン・メイヤー氏に、スタイリングの見どころやデザインにかける思いを聞いた。
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.14 試乗記 ガソリンモデルから遅れること数カ月。ボルボの主力モデル「V60」のプラグインハイブリッド車(PHV)がデビューした。ボルボの金看板ともいえるステーションワゴンと電動パワートレインとのマッチングを試す。
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.11.26 試乗記 2代目「S60」のステーションワゴン版として登場したボルボの「V60」がフルモデルチェンジを果たした。スポーツワゴン的な性格を持っていた初代に対し、こちらは「V90」の血筋を色濃く感じる内外装デザインが特徴だ。日本向けにこだわりをもって開発したという最新モデルの実力を探る。
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
ホームへ戻る