ディーゼルの「ボルボS60/V60」に洗練された内外装の特別仕様車

2016.07.26 自動車ニュース

セダンのS60 D4 ダイナミックエディションとワゴンのV60 D4 ダイナミックエディションは、内外装をドレスアップすることで、S60/V60のダイナミックなドライビングにさらなる洗練とスポーティーな印象を与えたという特別仕様車。以下の装備がセリングポイントとなっている。ボルボ・カー・ジャパンは2016年7月26日、ディーゼルの「ボルボS60/V60」に特別仕様車「D4 Dynamic Edition(ダイナミックエディション)」を設定し、同年8月10日 に発売すると発表した。

【外装】
・専用グロッシーブラック仕上げ(フロントバンパー下部、ウィンドウフレーム、リアバンパー下部、ドアミラーフット部)
・専用フロントグリル(グロッシーブラック仕上げ、横格子はクローム仕上げ)
・専用18インチアルミホイール 8.0J×18“Tucan”ダイヤモンドカット(グロッシーブラック、235/40R18タイヤ付き)

【内装】
・オフブラックおよびソフトベージュのスポーツレザーシート
・アンスラサイトブラックのインテリア
・チャコールのルーフライニング

【装備】
・PCC/キーレスドライブ
・フロント8ウェイパワーシート
・フロントシートヒーター
・12セグ地上デジタルTV(リモートコントロール付き)

ボディーカラーは、アイスホワイト、クリスタルホワイトパール、オニキスブラックメタリック、ルミナスサンドメタリック、マッセルブルーメタリックの全5色。

価格は以下の通り。
・S60 D4 ダイナミックエディション:479万円
・V60 D4 ダイナミックエディション:499万円

(webCG)

ボルボの「S60 D4 ダイナミックエディション」(写真左)および「V60 D4 ダイナミックエディション」。
ボルボの「S60 D4 ダイナミックエディション」(写真左)および「V60 D4 ダイナミックエディション」。 拡大

関連キーワード:
V60, S60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.27 試乗記 48Vマイルドハイブリッド搭載の「ボルボV90 B6 AWDインスクリプション」で、古都・金沢まで約650kmの道のりをロングドライブ。高速道での快適性やボルボが誇るADAS「インテリセーフ」の実用性に加え、燃費性能もチェックした。
  • PHVの「ボルボV60」に100万円安の新グレード登場 2019.6.11 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2019年6月11日、ミッドサイズワゴン「ボルボV60」のラインナップにプラグインハイブリッド車のエントリーグレード「V60 T6 Twin Engine AWDモメンタム」を追加。同日、販売を開始した。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
ホームへ戻る