スマートのラインナップにターボ車が登場

2016.08.03 自動車ニュース
2台の「スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド」と、プレゼンテーションを行ったメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。
2台の「スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド」と、プレゼンテーションを行ったメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。 拡大

メルセデス・ベンツ日本は2016年8月3日、コンパクトカー「スマート・フォーツー」「スマート・フォーフォー」のターボエンジン搭載モデル3車種を、日本に導入すると発表した。

「フォーツーカブリオ ターボ リミテッド」。電動開閉式ソフトトップは、走行速度に関係なく開閉できる。
「フォーツーカブリオ ターボ リミテッド」。電動開閉式ソフトトップは、走行速度に関係なく開閉できる。 拡大

「フォーツーカブリオ ターボ リミテッド」のインテリア。運転席側Aピラーの付け根に、コックピットクロックとレブカウンターが備わる。


	「フォーツーカブリオ ターボ リミテッド」のインテリア。運転席側Aピラーの付け根に、コックピットクロックとレブカウンターが備わる。
	拡大
マットなボディーカラーが特徴の「フォーツー ターボ マット リミテッド」。80台の限定で販売される。
マットなボディーカラーが特徴の「フォーツー ターボ マット リミテッド」。80台の限定で販売される。 拡大
0.9リッターターボエンジン。最高出力90ps/5500rpmと最大トルク13.8kgm/2500rpmを発生する。
0.9リッターターボエンジン。最高出力90ps/5500rpmと最大トルク13.8kgm/2500rpmを発生する。 拡大
車体後部のラゲッジスペース。容量は、オープンの「フォーツーカブリオ ターボ リミテッド」が260~340リッターで、クローズドボディーの「フォーツー ターボ マット リミテッド」は260~350リッター。
車体後部のラゲッジスペース。容量は、オープンの「フォーツーカブリオ ターボ リミテッド」が260~340リッターで、クローズドボディーの「フォーツー ターボ マット リミテッド」は260~350リッター。 拡大
「スマート・フォーフォー ターボ」。ボディーカラーは、写真のサファイアレッド×ブラックを含む8色が用意される。
「スマート・フォーフォー ターボ」。ボディーカラーは、写真のサファイアレッド×ブラックを含む8色が用意される。 拡大

■パワフルなスマートがそろって上陸

今回発表されたのは、オープントップモデルの限定車「スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド」と、つや消しのボディーカラーを特徴とする限定車「スマート・フォーツー ターボ マット リミテッド」、4シーターモデル「スマート・フォーフォー ターボ」の3車種。いずれも、日本市場では初となる共通のターボエンジンが搭載される。

このうちスマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッドは同日に、スマート・フォーツー ターボ マット リミテッドは2016年10月ごろから、スマート・フォーフォー ターボは2016年9月ごろから販売が始められる。

マイクロコンパクトカーのスマートは、1998年に初代がデビュー。全世界累計販売台数150万台以上を記録する人気モデルで、日本での累計販売台数は3万台を超える。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は発表会の席上、「スマートは、メルセデスの最新テクノロジーを惜しみなく投入して生まれたコンパクトモデルで、(3世代目となる現行モデルは)発表以来すでに3400台を販売している。他メーカーからの乗り換えは、実に6割以上。多くの新しいお客さまに受け入れられている」と語り、販売に自信を見せた。

新型ターボエンジンは、排気量0.9リッターの直列3気筒エンジンにターボチャージャーを搭載することで、最高出力90ps(66kW)、最大トルク13.8kgm(135Nm)を発生。既存の自然吸気エンジンに比べ、最高出力が19ps(14kW)、最大トルクは4.5kgm(44Nm)向上している。環境性能については、低排出ガス車認定(平成17年基準)の4つ星(75%低減レベル)を獲得。JC08モードの燃費値は、スマート・フォーツー ターボ マット リミテッドの場合で23.1km/リッターを記録する。

3台とも、インテリアには本革シートを装着。ターボモデルならではの装備としてコックピットクロックやレブカウンターが与えられるなど、特別感のある仕上がりとなっている。

各モデルの価格とボディーカラーは、以下の通り。

・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド:248万円
ラリーレッド<ブラック>、イエロー<ブラック>、クリスタルホワイト<レッド>、ディープブラック<レッド>(<>内はソフトトップカラー。各色限定50台)

・フォーツー ターボ マット リミテッド:241万円
ムーンホワイトマット、チタニアグレーマット(各色限定40台)

・フォーフォー ターボ:256万円
ミッドナイトブルー×ホワイト、ラバオレンジ×ブラック、サファイアレッド×ブラックほか(計8色)

(webCG)

→「スマート・フォーツー/フォーフォー」ターボモデル発表会のフォトギャラリーはこちら

 

関連キーワード:
フォーツー, フォーフォー, フォーツーカブリオ, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートEQフォーツー/フォーツーカブリオ/フォーフォー【海外試乗記】 2020.2.7 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
ホームへ戻る