ホンダの軽「N-BOX」「N-BOXカスタム」に装備充実の特別仕様車

2016.08.04 自動車ニュース
「ホンダN-BOXカスタム SSパッケージ 2トーンカラースタイル
「ホンダN-BOXカスタム SSパッケージ 2トーンカラースタイル」 拡大

本田技研工業は、軽乗用車「N-BOX」「N-BOXカスタム」に装備充実の特別仕様車「SSパッケージ」「ターボSSパッケージ」を設定、ツートンカラーを特徴とする「2トーンカラースタイル」も選択可能としたうえで、2016年8月5日に販売を開始する。
さらに、ブラックのパーツでドレスアップした「N-BOXカスタム」ベースの特別仕様車「SSブラックスタイルパッケージ」「ターボSSブラックスタイルパッケージ」も、同時に発売する。

N-BOXカスタム SSパッケージ」のインテリア。
「N-BOXカスタム SSパッケージ」のインテリア。 拡大
N-BOXカスタム SSパッケージ
「N-BOXカスタム SSパッケージ」 拡大

各モデルの価格と主な特別装備は、以下の通り。
(※価格はFF車のもの。4WD車はすべて13万円高)

【N-BOX SSパッケージ(146万円)/SSパッケージ 2トーンカラースタイル(151万9400円)/ターボSSパッケージ(162万円)/ターボSSパッケージ 2トーンカラースタイル(167万9400円)】
・ディスチャージヘッドライト
・パワースライドドア(リア右側)
・オートリトラミラー
・チップアップ&ダイブダウン機構付きスライドリアシート
・運転席&助手席シートヒーター
・シートバックテーブル
・親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水(はっすい)ガラス
・LEDルームランプ(フロントマップ/ラゲッジルーム)
・あんしんパッケージ(ターボ車のみ。ほかはオプション扱い)

【N-BOXカスタム SSパッケージ(164万5000円)/SSパッケージ 2トーンカラースタイル(170万4400円)/ターボSSパッケージ(175万円)/ターボSSパッケージ 2トーンカラースタイル(180万9400円)】
・エアコンアウトレットダブルリング
・パワースライドドア(リア右側)
・チップアップ&ダイブダウン機構付きスライドリアシート
・運転席&助手席シートヒーター
・シートバックテーブル
・親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス
・LEDポジションランプ
・LEDフォグライト/フォグライトガーニッシュ
・あんしんパッケージ(ターボ車のみ。ほかはオプション扱い)
 

【N-BOXカスタム SSブラックスタイルパッケージ(164万5000円)/ターボSSブラックスタイルパッケージ(175万円)】
・オールブラック14インチアルミホイール(ターボ車は15インチ)
・黒塗装フロントグリル
・エアコンアウトレットダブルリング
・パワースライドドア(リア右側)
・チップアップ&ダイブダウン機構付きスライドリアシート
・運転席&助手席シートヒーター
・シートバックテーブル
・親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス
・LEDポジションランプ
・LEDフォグライト/フォグライトガーニッシュ
・あんしんパッケージ(ターボ車のみ。ほかはオプション扱い)
・ブルーステッチ(ステアリングホイール/合皮コンビシート)

(webCG)

関連キーワード:
N-BOX, N-BOXカスタム, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-BOX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGN【開発者インタビュー】 2019.9.10 試乗記 軽ハイトワゴン市場での捲土(けんど)重来を期し、ホンダが投入した新型「N-WGN」。既存のモデルとは一線を画すデザインや、先進の運転支援システムが取り入れられた背景には、どのような理由があったのか? 軽自動車を取り巻く環境の変化をエンジニアが語る。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る