【オートモビル カウンシル2016】ボルボが「S60/V60 ポールスター」を100台限定で発売

2016.08.05 自動車ニュース
新型「ボルボS60 ポールスター」は35台の限定販売。価格は839万円。
新型「ボルボS60 ポールスター」は35台の限定販売。価格は839万円。 拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2016年8月5日、千葉・幕張メッセで開催されている自動車イベント「オートモビル カウンシル2016」で新型「S60/V60ポールスター」を発表。同日、販売を開始した。
日本において、3度目のリリースとなるS60/V60ポールスターは、S60ポールスターが35台、V60ポールスターが65台、計100台限定での導入となる。価格はS60ポールスターが839万円、V60ポールスターが859万円。 

フロントグリルにあしらわれたポールスターのエンブレム。


	フロントグリルにあしらわれたポールスターのエンブレム。
	拡大

会場では、ボルボの名車「P1800」も展示された。

 


	会場では、ボルボの名車「P1800」も展示された。

	 
	拡大
この「P1800」は、ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長所有のもの。3台の車両を1台にレストアし、オリジナル色のサファリイエローにオールペンを施している。
この「P1800」は、ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長所有のもの。3台の車両を1台にレストアし、オリジナル色のサファリイエローにオールペンを施している。 拡大
テールフィンの美しい「P1800」のリアスタイル。「エンジンも組み直し、調子は最高です! 昨年手に入れて、すでに3000kmを走破しました」と木村社長。
テールフィンの美しい「P1800」のリアスタイル。「エンジンも組み直し、調子は最高です! 昨年手に入れて、すでに3000kmを走破しました」と木村社長。 拡大

■進化するポールスターテクノロジー 

S60/V60ポールスターに搭載されるのは、これまでで最強となる367psを発生する新世代Drive-E 2リッター4気筒エンジン。従来型の3リッター6気筒エンジンを上回る性能を発揮し、0-100km/h加速4.7秒(S60ポールスター。V60ポールスターは同4.9秒、欧州仕様参考値)、最高速度250km/h(リミッター作動、欧州仕様参考値)のハイパフォーマンスを実現している。 

このDrive-E 2リッター4気筒エンジンは、現在、ボルボの現行モデルに広く搭載されているエンジンだが、ポールスターに採用されることで、このエンジンがスーパースポーツモデルにおいてもまったく不足なく、高いパフォーマンスを発揮していることを証明している。

S60/V60ポールスターは、新世代Drive-E T6エンジンをベースに、ターボチャージャーの大型化、スーパーチャージャーの強化、コンロッドとカムシャフトの見直し、エアインテークの大型化および燃料ポンプの大容量化といった変更を加え、エンジン性能を向上させている。さらに、ボルグワーナー社の4WDシステムと、新たにSport+(スポーツプラス)モードを採用し、さらなるスポーツドライビングを実現するパドルシフト付き8段オートマチックトランスミッション、専用にチューニングされた電動パワーステアリング、新採用の371mmのスロット付きフロントブレーキディスク、ブレンボ製6ポッドキャリパー、オーリンズ製DFVダンパーなどを採用することで、ドライビングダイナミクスの強化を図っている。また、20インチのアルミホイールは、新デザインを採用する。 

昨年型のS60/V60ポールスターに対し、最新モデルは車両重量の削減も実現。新パワートレインの採用により、フロントアクスルを中心に軽量化が図られている。この重量配分の最適化は、ハンドリング性能を大きく向上させることに貢献しているという。 
また、環境性能においても、S60ポールスターは12.2km/リッター、V60ポールスターは11.2km/リッター(JC08モード。いずれも予定値)を達成し、最大27%燃料消費率を改善している。

ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長は発表会の席上で、「私自身、約半年の間、先代V60ポールスターを自分のクルマとして使ってきた。性能のばらつきを抑えた、選び抜かれた部品と卓越したチューニング技術、その性能と乗り味は非常に洗練されたもの。また、最新モデルでは、最新のパワートレインを得て、その洗練にさらに磨きがかかっている」とコメント。最後に「S60 、V60だけでなく、ポールスターという名前を持った、より高性能なモデルが今後続々と登場することをお約束する」とボルボのこれからに期待感を持たせた。

(webCG)

関連キーワード:
S60, V60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ S60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード 2019.2.12 画像・写真 8年ぶりにフルモデルチェンジした、ボルボのミッドサイズセダン「S60」。2019年秋の国内販売開始に先駆けて、最上級モデル「S60 T8ポールスターエンジニアード」(北米仕様車)が東京都内で披露された。そのディテールを写真で紹介する。
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • 半世紀の時を超えて 新旧「アルピーヌA110」に見るフレンチスポーツの進化 2020.3.6 デイリーコラム 復活、復刻、リバイバル。往年の名車を思わせるモデルがさまざまなブランドから登場するなか、筆者は「アルピーヌA110S」の走りに大きな衝撃を受けたという。スポーツカーの進化について、ひとりのクルマ好きが語った。
ホームへ戻る