「トヨタ・プリウス」に充実装備で低価格な特別仕様車が登場

2016.08.08 自動車ニュース
「トヨタ・プリウスS“セーフティープラス”」
「トヨタ・プリウスS“セーフティープラス”」 拡大

トヨタ自動車は2016年8月8日、「プリウス」に特別仕様車「S“セーフティープラス”」を設定し、販売を開始した。

プリクラッシュセーフティーの作動イメージ。
プリクラッシュセーフティーの作動イメージ。 拡大
シンプルインテリジェントパーキングアシストの作動イメージ。
シンプルインテリジェントパーキングアシストの作動イメージ。 拡大
カラーヘッドアップディスプレイ
カラーヘッドアップディスプレイ 拡大

今回の特別仕様車は、標準グレードの「S」をベースに、ミリ波レーダー+単眼カメラ方式の運転支援システム「Toyota Safety Sense P」などを特別装備したものである。

具体的な特別装備は以下の通り。

・Toyota Safety Sense P(プリクラッシュセーフティー<歩行者検知機能付き衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式>、レーダークルーズコントロール<全車速追従機能付き>、レーンディパーチャーアラート<ステアリング制御付き>、オートマチックハイビーム)
・インテリジェントクリアランスソナー
・シンプルインテリジェントパーキングアシスト
・カラーヘッドアップディスプレイ
・LEDフロントフォグランプ
・ナビレディセット(バックカメラ、ステアリングスイッチ<音声認識・ハンズフリー通話>)

ボディーカラーは「スティールブロンドメタリック」「アティチュードブラックマイカ」「シルバーメタリック」に、有償オプションの「ホワイトパールクリスタルシャイン」を加えた全4色。価格はFF車が269万3520円、4WD車が288万7920円。

(webCG)
 

関連キーワード:
プリウス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ プリウス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • トライアンフ・スラクストンRS(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.17 試乗記 往年のカフェレーサーをほうふつとさせる、トライアンフのスポーツモデル「スラクストン」。さらなるパワーアップと軽量化が施されたスペシャルバージョンは、驚くほどフレンドリーで楽しいモーターサイクルに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・プリウスE(FF/CVT)【試乗記】 2016.3.7 試乗記 ちまたで大人気の新型「トヨタ・プリウス」。その廉価仕様にして、シリーズ随一の40.8km/リッター(JC08モード)を誇る“燃費スペシャル”グレードの「E」に試乗した。その走りやいかに?
  • トヨタ・プリウスα(アルファ) 7人乗り/5人乗り【試乗記】 2011.5.26 試乗記 トヨタ・プリウスα G ツーリングセレクション スカイライトパッケージ(FF/CVT)/S ツーリングセレクション(FF/CVT)
    ……400万7450円/338万6950円

    人気モデル「プリウス」よりひとまわり大きな、トヨタの最新型ハイブリッド「プリウスα」がデビュー。その実力を、7人乗りと5人乗り、ふたつのグレードで試した。
ホームへ戻る