日産が「フェアレディZ」の快適装備を充実

2016.08.09 自動車ニュース
「日産フェアレディZ」
「日産フェアレディZ」 拡大

日産自動車は2016年8月9日、「フェアレディZ」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

「カーウイングスナビゲーションシステム」のイメージ。
「カーウイングスナビゲーションシステム」のイメージ。 拡大
今回、「プレミアムアルティメイトイエロー」のボディーカラー(写真)が復刻設定された。
今回、「プレミアムアルティメイトイエロー」のボディーカラー(写真)が復刻設定された。 拡大

今回の仕様変更では、「バージョンST」および「NISMO」に「カーウイングスナビゲーションシステム」と「Boseサウンドシステム(8スピーカー)」、「アクティブ・サウンド・コントロール」、「アクティブ・ノイズ・コントロール」を標準装備。また「バージョンS」には「カーウイングスナビゲーションシステム」を標準装備とした。

また外装色には「プレミアムサンフレアオレンジ」に代えて、Z34型フェアレディZのデビュー時に設定のあった「プレミアムアルティメイトイエロー」を復刻設定した。

価格は、フェアレディZ(6MT)の383万1840円からフェアレディZ NISMO(7AT)の629万3160円まで。

(webCG)

関連キーワード:
フェアレディZ, 日産, 自動車ニュース

日産 フェアレディZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
  • 新型「フェアレディZ」は絶対アリ! これからのスポーツカーが“懐古主義”であるべき理由 2020.9.30 デイリーコラム 発表されるや否や、ファンの間で賛否両論を巻き起こした「日産フェアレディZ プロトタイプ」のデザイン。過去への回顧を前面に押し出したスポーツカーのデザインはアリや? ナシや? かつてZ32を所有していたというモータージャーナリストの清水草一が語る。
  • そこに熱はあったか!? プロトタイプを前に思う新型「フェアレディZ」とスポーツカーの哲学 2020.10.5 デイリーコラム なぜスポーツカーはブランドや時代の象徴とされるのか? 私たちはスポーツカーに何を求めているのか? 日産が発表した「フェアレディZ プロトタイプ」を前に、Zのファンであり、日産車を愛好してきたジャーナリストの西川 淳が「スポーツカーの哲学」を語った。
  • JAIA輸入二輪車試乗会2021(前編) 2021.4.29 試乗記 世界各国のモーターサイクルが今年も神奈川・大磯に大集結! JAIA輸入二輪車試乗会の会場から、まずは「BMW R18」と「ハーレーダビッドソン・ファットボーイ114/アイアン883」の走りをお届けする。皆同じクルーザーだが、いずれも強烈な個性の持ち主だった。
  • 「ランドローバー・レンジローバー スポーツ」の限定車「HST+」登場 2021.4.27 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年4月27日、「ランドローバー・レンジローバー スポーツ」に特別仕様車「HST+」を設定し、29台の台数限定で注文受け付けを開始した。
ホームへ戻る