日産が「フェアレディZ」の快適装備を充実

2016.08.09 自動車ニュース
「日産フェアレディZ」
「日産フェアレディZ」 拡大

日産自動車は2016年8月9日、「フェアレディZ」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

「カーウイングスナビゲーションシステム」のイメージ。
「カーウイングスナビゲーションシステム」のイメージ。 拡大
今回、「プレミアムアルティメイトイエロー」のボディーカラー(写真)が復刻設定された。
今回、「プレミアムアルティメイトイエロー」のボディーカラー(写真)が復刻設定された。 拡大

今回の仕様変更では、「バージョンST」および「NISMO」に「カーウイングスナビゲーションシステム」と「Boseサウンドシステム(8スピーカー)」、「アクティブ・サウンド・コントロール」、「アクティブ・ノイズ・コントロール」を標準装備。また「バージョンS」には「カーウイングスナビゲーションシステム」を標準装備とした。

また外装色には「プレミアムサンフレアオレンジ」に代えて、Z34型フェアレディZのデビュー時に設定のあった「プレミアムアルティメイトイエロー」を復刻設定した。

価格は、フェアレディZ(6MT)の383万1840円からフェアレディZ NISMO(7AT)の629万3160円まで。

(webCG)

関連キーワード:
フェアレディZ, 日産, 自動車ニュース

日産 フェアレディZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATICシューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2020.5.18 試乗記 クーペライクなスタイリングを身上とするメルセデス・ベンツのコンパクトワゴン「CLAシューティングブレーク」が、2代目にモデルチェンジ。気の利いたデザインとワゴンならではの機能性を併せ持つこのモデルの魅力を、ひとことで表すと……?
ホームへ戻る