日産が「フェアレディZ」の快適装備を充実

2016.08.09 自動車ニュース
「日産フェアレディZ」
「日産フェアレディZ」 拡大

日産自動車は2016年8月9日、「フェアレディZ」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

「カーウイングスナビゲーションシステム」のイメージ。
「カーウイングスナビゲーションシステム」のイメージ。 拡大
今回、「プレミアムアルティメイトイエロー」のボディーカラー(写真)が復刻設定された。
今回、「プレミアムアルティメイトイエロー」のボディーカラー(写真)が復刻設定された。 拡大

今回の仕様変更では、「バージョンST」および「NISMO」に「カーウイングスナビゲーションシステム」と「Boseサウンドシステム(8スピーカー)」、「アクティブ・サウンド・コントロール」、「アクティブ・ノイズ・コントロール」を標準装備。また「バージョンS」には「カーウイングスナビゲーションシステム」を標準装備とした。

また外装色には「プレミアムサンフレアオレンジ」に代えて、Z34型フェアレディZのデビュー時に設定のあった「プレミアムアルティメイトイエロー」を復刻設定した。

価格は、フェアレディZ(6MT)の383万1840円からフェアレディZ NISMO(7AT)の629万3160円まで。

(webCG)

関連キーワード:
フェアレディZ, 日産, 自動車ニュース

日産 フェアレディZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • そこに熱はあったか!? プロトタイプを前に思う新型「フェアレディZ」とスポーツカーの哲学 2020.10.5 デイリーコラム なぜスポーツカーはブランドや時代の象徴とされるのか? 私たちはスポーツカーに何を求めているのか? 日産が発表した「フェアレディZ プロトタイプ」を前に、Zのファンであり、日産車を愛好してきたジャーナリストの西川 淳が「スポーツカーの哲学」を語った。
  • 新型「フェアレディZ」は絶対アリ! これからのスポーツカーが“懐古主義”であるべき理由 2020.9.30 デイリーコラム 発表されるや否や、ファンの間で賛否両論を巻き起こした「日産フェアレディZ プロトタイプ」のデザイン。過去への回顧を前面に押し出したスポーツカーのデザインはアリや? ナシや? かつてZ32を所有していたというモータージャーナリストの清水草一が語る。
  • 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を発表 伝統のロングノーズにV6ターボを搭載 2020.9.16 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。7代目となる新型「フェアレディZ」のデザインを示唆するモデルで、初代をほうふつさせるエクステリアが特徴。パワートレインは、V6ツインターボエンジンと6段MTを組み合わせているという。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • 第190回:貝殻ビキニの武田久美子 2020.9.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第190回は、「ポルシェ911 GT3 RS」を試乗してみたの巻。レーシングマシン直系の高性能マシンを駆り、夜の首都高に繰り出すその気分は、まさに『湾岸ミッドナイト』のブラックバードだったのだが……。
ホームへ戻る