367psの「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」発売

2016.08.22 自動車ニュース
「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」
「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」 拡大

メルセデス・ベンツ日本は2016年8月19日、「メルセデス・ベンツCクラス クーペ」のラインナップに「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」を追加するとともに、「メルセデスAMG C43 4MATIC(セダン)/C43 4MATICステーションワゴン」の仕様を一部変更し、注文受け付けを開始した。発売は、同年9月を予定している。

「メルセデスAMG C43 4MATIC」
「メルセデスAMG C43 4MATIC」 拡大
「メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン」
「メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン」 拡大

今回、メルセデス・ベンツCクラス クーペのラインナップに加えられたC43 4MATICクーペは、3リッターV6ツインターボエンジン(最高出力367ps/5500-6000rpm、最大トルク53.0kgm/2000-4200rpm)を搭載する高性能モデル。0-100km/h加速=4.7秒のパフォーマンスを発揮する。トランスミッションは9段AT「9G-TRONIC」で、駆動方式は4WD。

このC43 4MATICクーペ導入にあわせて、既存のセダンとステーションワゴンを含めたメルセデスAMG C43 4MATIC全車のトランスミッションは9G-TRONICとなった。また、従来33:67だった4WDシステムの前後トルク配分は31:69へと、よりリアドライブ寄りの設定とされた。

ともに、最上級モデル「メルセデスAMG C63」と同じ、一定のドリフトアングルを許容する「スポーツハンドリングモード」を追加した3ステージESPを搭載。さらに、エンジンの油温・水温などが表示でき、ラップタイムの計測も可能となる「AMGメニュー」も装備する。

内外装については、C43 4MATIC全モデルでAMGロゴ付きのダイヤモンドグリルやブレーキキャリパー、サイドステップカバーを採用。C63と共通のホイールセンターキャップも装着するなど、スポーティーなドレスアップも施されている。

価格は以下の通り。クーペは右ハンドルのみで、セダンとステーションワゴンは、従来の左ハンドルに加えて右ハンドルも選べるようになった。

・メルセデスAMG C43 4MATIC(セダン):880万円
・メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン:952万円
・メルセデスAMG C43 4MATICクーペ:905万円

(webCG)

関連キーワード:
Cクラス クーペ, Cクラス セダン, Cクラス ステーションワゴン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • メルセデスAMG GT R(後編) 2020.10.4 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第4回は「メルセデスAMG GT R」の試乗リポート後編。これまで何台ものAMGをガレージに収めてきた元オーナーであるにもかかわらず、その口から肯定的なコメントがなかなか発せられないのだが……。
  • 新型「ベントレー・コンチネンタルGT」のスペシャルバージョンの価格が明らかに 2020.10.19 自動車ニュース ベントレーモーターズジャパンは2020年10月19日、「コンチネンタルGTマリナー」の国内における販売価格を発表した。ベントレーのビスポーク部門であるベントレーマリナーが設計と製造を担当する「コンチネンタルGT」のスペシャルバージョンとなっている。
ホームへ戻る