367psの「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」発売

2016.08.22 自動車ニュース
「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」
「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」 拡大

メルセデス・ベンツ日本は2016年8月19日、「メルセデス・ベンツCクラス クーペ」のラインナップに「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」を追加するとともに、「メルセデスAMG C43 4MATIC(セダン)/C43 4MATICステーションワゴン」の仕様を一部変更し、注文受け付けを開始した。発売は、同年9月を予定している。

「メルセデスAMG C43 4MATIC」
「メルセデスAMG C43 4MATIC」 拡大
「メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン」
「メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン」 拡大

今回、メルセデス・ベンツCクラス クーペのラインナップに加えられたC43 4MATICクーペは、3リッターV6ツインターボエンジン(最高出力367ps/5500-6000rpm、最大トルク53.0kgm/2000-4200rpm)を搭載する高性能モデル。0-100km/h加速=4.7秒のパフォーマンスを発揮する。トランスミッションは9段AT「9G-TRONIC」で、駆動方式は4WD。

このC43 4MATICクーペ導入にあわせて、既存のセダンとステーションワゴンを含めたメルセデスAMG C43 4MATIC全車のトランスミッションは9G-TRONICとなった。また、従来33:67だった4WDシステムの前後トルク配分は31:69へと、よりリアドライブ寄りの設定とされた。

ともに、最上級モデル「メルセデスAMG C63」と同じ、一定のドリフトアングルを許容する「スポーツハンドリングモード」を追加した3ステージESPを搭載。さらに、エンジンの油温・水温などが表示でき、ラップタイムの計測も可能となる「AMGメニュー」も装備する。

内外装については、C43 4MATIC全モデルでAMGロゴ付きのダイヤモンドグリルやブレーキキャリパー、サイドステップカバーを採用。C63と共通のホイールセンターキャップも装着するなど、スポーティーなドレスアップも施されている。

価格は以下の通り。クーペは右ハンドルのみで、セダンとステーションワゴンは、従来の左ハンドルに加えて右ハンドルも選べるようになった。

・メルセデスAMG C43 4MATIC(セダン):880万円
・メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン:952万円
・メルセデスAMG C43 4MATICクーペ:905万円

(webCG)

関連キーワード:
Cクラス クーペ, Cクラス セダン, Cクラス ステーションワゴン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • スポーツカー「コルベット」だけじゃない! 自動車史に残るGMの技術的チャレンジとは? 2021.8.2 デイリーコラム 新型「シボレー・コルベット」を開発するにあたって、MRへの転換を決断したゼネラルモーターズ(GM)。かつて世界最大の自動車メーカーとして君臨していた同社が意欲的に打ち出してきた、さまざまな“自動車技術の新機軸”とは?
  • ポルシェ・タイカン4クロスツーリスモ 2021.7.29 画像・写真 ポルシェが最新モデル「タイカン クロスツーリスモ」を日本初公開。高い動力性能を誇るハイパフォーマンスEVで、積載性の高いシューティングブレークで、しかも悪路走破性も考慮したクロスオーバーでもあるという、あまたの魅力を併せ持つ一台を写真で紹介する。
  • 0-100km/h加速は2.8秒 マクラーレンの新型オープンスポーツカー「765LTスパイダー」登場 2021.7.28 自動車ニュース 英マクラーレン・オートモーティブは2021年7月27日(現地時間)、新型車「マクラーレン765LTスパイダー」の概要を発表した。高性能スポーツカー「765LT」のオープントップバージョンで、765台限定で販売される。
ホームへ戻る