アストンの小型車「シグネット」都内でお披露目

2011.10.29 自動車ニュース

「アストン・マーティン シグネット」都内でお披露目

アストン・マーティンは2011年10月29日、高級コンパクトカー「シグネット」を東京都内で披露した。

トヨタのコンパクトカー「iQ」をベースに、英国のスポーツカーメーカーであるアストン・マーティンが、独自の新型車を造る!?――
そんなニュースが伝え聞こえてきたのは、2009年夏のこと。それから2年、現実のものとなった「アストン・マーティン シグネット」が、日本国内(東京・表参道)でもお披露目された。

発表会では、アストン・マーティン アジアパシフィックのリージョナルディレクター、マシュー・ベネット氏が「都市部のドライバーが求めるすべてを提供できるクルマです」と“最も小さなアストン”を紹介。デザインを手がけたマレック・ライヒマン氏も、「アストン・マーティンのなかで、最も全長が短いだけでなく、最もお求めやすいクルマでもあります」。「それに、他アストン・マーティン車と同様、POWERとBEAUTY、そしてSOULを備えています」と、その仕上がりに太鼓判を押した。

ライヒマン氏いわく「このクルマで最もエキサイティングなのは、お客様の望みどおりに仕立てられること」。注文生産の「シグネット」は、あらかじめ用意される豊富なオプションに加えて、カラーリングなど、ユーザーが望むさまざまなカスタマイズに対応できるのがウリである。

既報のとおり、受注は10月24日から始まっており、価格は475万円。日本での発売に際し、白または黒を基調に内外装をドレスアップした「ローンチエディション」と呼ばれる特別仕様車も用意される。

(webCG 関)

アストン・マーティンの高級コンパクト「シグネット」。傍らに立つのは、同社のマレック・ライヒマン氏(写真右)とマシュー・ベネット氏。
アストン・マーティンの高級コンパクト「シグネット」。傍らに立つのは、同社のマレック・ライヒマン氏(写真右)とマシュー・ベネット氏。 拡大
グリルに(樹脂ではなく)アルミを用いるなど、デザインだけでなく素材選びにもこだわったという。展示車のグリルに見られるオレンジ色の縁取りは、アストン・マーティンのレーシングカーに見られる意匠である。
グリルに(樹脂ではなく)アルミを用いるなど、デザインだけでなく素材選びにもこだわったという。展示車のグリルに見られるオレンジ色の縁取りは、アストン・マーティンのレーシングカーに見られる意匠である。 拡大
他アストン・マーティン車同様、レザーがふんだんに使われる「シグネット」のインテリア。
他アストン・マーティン車同様、レザーがふんだんに使われる「シグネット」のインテリア。 拡大
アストンの小型車「シグネット」都内でお披露目の画像 拡大

関連キーワード:
シグネット, iQ, アストンマーティン, トヨタ, 自動車ニュース

アストンマーティン シグネット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストン・マーティン シグネット(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.14 試乗記 アストン・マーティン シグネット(FF/CVT)
    ……544万7050円

    「iQ」ベースのマイクロ・アストン、「シグネット」が日本に上陸。小さな小さな高級車の乗り味は?
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • アストンの高級小型車「シグネット」は475万円 2011.10.25 自動車ニュース 英アストン・マーティンは2011年10月24日、高級コンパクトカー「シグネット」の日本における販売概要を発表、同日から同社のディーラーネットワークを通じて予約受付を開始した。価格は475万円から。最初の納車は2012年の第1四半期を予定している。
  • アストンマーティンDBX(前編) 2021.1.21 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が今回試乗したのは、アストンマーティンが開発した高性能SUV「DBX」。そのステアリングを握った走りのプロには、どこか気がかりなところがあるようだが……?
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.1.12 試乗記 次世代インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」と、それに連携するオンラインサービス「ウィーコネクト」を新たに搭載した「フォルクスワーゲンTロック」。使いやすいサイズ感や多用途性などの特徴に加わった“つながるクルマ”の利便性を、実際に試してみた。
ホームへ戻る