ベントレー・フライングスパーに635psの高性能モデル登場

2016.09.08 自動車ニュース
「ベントレー・フライングスパーW12 S」
「ベントレー・フライングスパーW12 S」 拡大

英ベントレー モーターズは2016年9月7日(現地時間)、ニューモデル「フライングスパーW12 S」の概要を発表した。

フライングスパーW12 Sは、ベントレーの4ドアモデルである「フライングスパー」シリーズの新たなフラッグシップモデルである。

エンジンは6リッターW12ツインターボで、既存の「W12」が搭載するユニットに対し、最高出力を625psから635psに、最大トルクを81.6kgmから83.6kgmに強化。動力性能は0-100km/h加速が4.5秒、最高速が325km/h(202mph)と公称されており、スライングスパーシリーズとして初めて最高速が200mphを超えた。

足まわりにも、既存のモデルよりハンドリングやトラクション性能を重視した独自のチューニングを採用したほか、スタビリティーコントロールの制御も変更。ブレーキにはオプションでカーボンセラミックブレーキも用意している。

(webCG)
 

関連キーワード:
フライングスパー, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場 2019.5.10 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2019年5月10日、SUV「ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル「スピード」を、20台の台数限定で導入すると発表した。
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • BMW 750Li xDrive(4WD/8AT)/745Le(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.16 試乗記 マイナーチェンジされた「BMW 7シリーズ」に試乗。より存在感を増した“キドニーグリル”の大きさも気になるところだが、その進化の本質は“バイエルンのエンジン工場”ならではのパワートレインの洗練にあった。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
ホームへ戻る