BMW創立100周年記念の「7シリーズ」が日本上陸

2016.09.20 自動車ニュース
「BMW 750Liセンテナリーエディション」
「BMW 750Liセンテナリーエディション」 拡大

BMWジャパンは2016年9月20日、「BMW 7シリーズ」の特別限定車「Centenary Edition(センテナリーエディション)」を導入すると発表した。全世界100台限定で販売されるうち、日本市場には3台が導入される。同日より購入希望予約の受け付けが開始され、希望者多数の場合は抽選となる。納車は2016年11月以降となる予定。

100台限定の中の1台であることを示す専用ロゴ。
100台限定の中の1台であることを示す専用ロゴ。 拡大
日本仕様は右ハンドル仕様となる。
日本仕様は右ハンドル仕様となる。 拡大
成約記念品のモンブラン製万年筆「センテニアル・ファウンテンペン」。
成約記念品のモンブラン製万年筆「センテニアル・ファウンテンペン」。 拡大

今回の特別仕様車は、BMWの創立100周年記念モデルシリーズのひとつであり、最高出力450ps、最大トルク66.3kgmを発生する4.4リッターV8ターボエンジンを搭載した「BMW 750Li」がベースとなっている。専用に仕立てられた内外装を特徴としており、助手席側インテリアトリムと前後シートのヘッドレストには、BMWグループの次の100年を見据えたカンパニースローガンである「THE NEXT 100 YEARS」の専用ロゴが施されるほか、センターコンソール上のインテリアトリムには、全世界100台限定のうちの1台であることを示す「1 OF 100」の専用ロゴがレタリングされる。

特別装備は以下の通り。
・BMW Individualボディーカラー「センテニアル・ブルー」(専用カラー)
・20インチBMW Individualアロイホイール スタイリング649 I(鍛造)フロント:5Jx20ホイール+245/40R20タイヤ リア:10Jx20ホイール+275/35R20タイヤ
・BMW Individualフルレザーメリノインテリア 「スモークホワイト」
・BMW Individualアルカンタラルーフライニング 「スモークホワイト」
・BMW Individualインテリアトリム 「ピアノフィニッシュブラック」
・BMW Individualドアシルプレート
・デザインピュア エクセレンスエクステリア
・デザインピュア エクセレンスインテリア
・リアコンフォートパッケージプラス(スカイラウンジ・パノラマガラスサンルーフ+ヒートコンフォートパッケージ+リアマッサージシート)
・エグゼクティブラウンジシート
・アンビエントエアパッケージ
・セラミックフィニッシュ(iDriveコントローラー、エアコンディショナースイッチ、オーディオスイッチ、セレクターレバー)
・Bowers&Wilkinsダイアモンド・サラウンドサウンドシステム(1400W、16スピーカー、10チャンネルサラウンド)
・リモートパーキング
・BMWナイトビジョン(歩行者・動物検知機能付き)
・BMW Individualクールボックス
・モンブラン製万年筆「”Monblanc for BMW”Centennial Fountain Pen」(成約記念品)

価格は2146万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
7シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 7シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • 漆黒のカラーリングと装備にこだわった限定車「BMW X3ミッドナイトエディション」登場 2019.11.15 自動車ニュース BMWジャパンは2019年11月14日、SUV「BMW X3」に特別仕様車「MIDNIGHT EDITION(ミッドナイトエディション)」を設定し、台数130台の限定で同日、販売を開始した。ブラックサファイアの外装色や純正アクセサリーの20インチブラックホイールなどを採用している。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.11.1 試乗記 ベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」がフルモデルチェンジ。豪華なグランドツアラーでありながら“スポーツセダン”を名乗る新型は、そのうたい文句では伝え切れないほどの楽しさを味わわせてくれた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
ホームへ戻る