KEN OKUYAMAがワンオフのスーパーカー「kode57 Enji」を披露

2016.10.13 自動車ニュース
「KEN OKUYAMA kode57 Enji」
「KEN OKUYAMA kode57 Enji」 拡大

KEN OKUYAMA DESIGNは2016年10月13日、限定生産のスーパースポーツ「kode57 Enji(コード57 エンジ)」を日本初公開した。

左右のドアはリアヒンジの跳ね上げ式。その様子から、奥山氏が「バンザイ・ドア」と命名。
左右のドアはリアヒンジの跳ね上げ式。その様子から、奥山氏が「バンザイ・ドア」と命名。 拡大
インテリアの様子。計器盤はセンターコンソール上部にまとめられている。トランスミッションは6段のオートマチックで、サイドブレーキはレバー式。
インテリアの様子。計器盤はセンターコンソール上部にまとめられている。トランスミッションは6段のオートマチックで、サイドブレーキはレバー式。 拡大
奥山清行氏。「いま代表的なカロッツェリアが使っている(カーボンファイバーや合成皮革、3Dプリンターといった)技術の多くは、日本が出どころなんです。つまり日本にはクルマをワンオフする土台がある。足りないのは、デザイン。そこをKEN OKUYAMA DESIGNが担います」などと意欲的なコメントを残した。
奥山清行氏。「いま代表的なカロッツェリアが使っている(カーボンファイバーや合成皮革、3Dプリンターといった)技術の多くは、日本が出どころなんです。つまり日本にはクルマをワンオフする土台がある。足りないのは、デザイン。そこをKEN OKUYAMA DESIGNが担います」などと意欲的なコメントを残した。 拡大
発表会場には、「ロータス・エキシージ」をベースに制作された「kode9GT」も展示された。こちらは、今回が世界初公開。
発表会場には、「ロータス・エキシージ」をベースに制作された「kode9GT」も展示された。こちらは、今回が世界初公開。 拡大

kode57 Enjiは、奥山清行氏が率いるカロッツェリア・KEN OKUYAMA DESIGNが内外装を制作した、ワンオフのオープンカー。2016年8月にアメリカのカリフォルニアで世界初公開されたのに続き、日本で披露された。

今回の車両のベースとなるのは「フェラーリ599」で、ハンドメイドであつらえたカーボンファイバー製のオリジナルボディーが与えられている。
目玉となるエクステリアは、フォーミュラカーを思わせるフェンダーのデザイン処理や、跳ね上げ式のドアなどが特徴。車名の“Enji(えんじ)”に示される通り、深みのある赤いボディーカラーも個性のひとつとされる。定員2人のキャビンも赤が基調。運転席周辺に限り、黒が用いられている。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4650×2080×1175mmで、ホイールベースは2750mm。フロントに搭載される、フェラーリ599ゆずりの6リッターV12エンジンは最高出力620ps、最大トルク62.0kgmを発生する。ECUのチューニングにより、アウトプットは702psと65.4kgmにまで高めることが可能だ。

kode57 Enjiの生産台数は5台。うち4台は売約済みとなっている。価格は、制作内容によって変動するものの、「ベース車両の本体価格+およそ2億円の制作費」と伝えられる。

発表会の席で車両を紹介した奥山氏によれば、現在、kode57 Enjiに続くワンオフ車のプロジェクトも進行中。ベース車両はフェラーリではなくランボルギーニで、すでに制作段階に入っているという。

(webCG 関)

→「KEN OKUYAMA kode57 Enji」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
599, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ 599 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • フェラーリF8スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2021.2.2 試乗記 フェラーリから「F8トリブート」のオープントップバージョンにあたる「F8スパイダー」が登場。ミドシップフェラーリならではの圧倒的なパフォーマンスと、オープンエアモータリングの心地よさを併せ持つ、希有(けう)な一台の魅力に触れた。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
ホームへ戻る