KEN OKUYAMAがワンオフのスーパーカー「kode57 Enji」を披露

2016.10.13 自動車ニュース
「KEN OKUYAMA kode57 Enji」
「KEN OKUYAMA kode57 Enji」 拡大

KEN OKUYAMA DESIGNは2016年10月13日、限定生産のスーパースポーツ「kode57 Enji(コード57 エンジ)」を日本初公開した。

左右のドアはリアヒンジの跳ね上げ式。その様子から、奥山氏が「バンザイ・ドア」と命名。
左右のドアはリアヒンジの跳ね上げ式。その様子から、奥山氏が「バンザイ・ドア」と命名。 拡大
インテリアの様子。計器盤はセンターコンソール上部にまとめられている。トランスミッションは6段のオートマチックで、サイドブレーキはレバー式。
インテリアの様子。計器盤はセンターコンソール上部にまとめられている。トランスミッションは6段のオートマチックで、サイドブレーキはレバー式。 拡大
奥山清行氏。「いま代表的なカロッツェリアが使っている(カーボンファイバーや合成皮革、3Dプリンターといった)技術の多くは、日本が出どころなんです。つまり日本にはクルマをワンオフする土台がある。足りないのは、デザイン。そこをKEN OKUYAMA DESIGNが担います」などと意欲的なコメントを残した。
奥山清行氏。「いま代表的なカロッツェリアが使っている(カーボンファイバーや合成皮革、3Dプリンターといった)技術の多くは、日本が出どころなんです。つまり日本にはクルマをワンオフする土台がある。足りないのは、デザイン。そこをKEN OKUYAMA DESIGNが担います」などと意欲的なコメントを残した。 拡大
発表会場には、「ロータス・エキシージ」をベースに制作された「kode9GT」も展示された。こちらは、今回が世界初公開。
発表会場には、「ロータス・エキシージ」をベースに制作された「kode9GT」も展示された。こちらは、今回が世界初公開。 拡大

kode57 Enjiは、奥山清行氏が率いるカロッツェリア・KEN OKUYAMA DESIGNが内外装を制作した、ワンオフのオープンカー。2016年8月にアメリカのカリフォルニアで世界初公開されたのに続き、日本で披露された。

今回の車両のベースとなるのは「フェラーリ599」で、ハンドメイドであつらえたカーボンファイバー製のオリジナルボディーが与えられている。
目玉となるエクステリアは、フォーミュラカーを思わせるフェンダーのデザイン処理や、跳ね上げ式のドアなどが特徴。車名の“Enji(えんじ)”に示される通り、深みのある赤いボディーカラーも個性のひとつとされる。定員2人のキャビンも赤が基調。運転席周辺に限り、黒が用いられている。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4650×2080×1175mmで、ホイールベースは2750mm。フロントに搭載される、フェラーリ599ゆずりの6リッターV12エンジンは最高出力620ps、最大トルク62.0kgmを発生する。ECUのチューニングにより、アウトプットは702psと65.4kgmにまで高めることが可能だ。

kode57 Enjiの生産台数は5台。うち4台は売約済みとなっている。価格は、制作内容によって変動するものの、「ベース車両の本体価格+およそ2億円の制作費」と伝えられる。

発表会の席で車両を紹介した奥山氏によれば、現在、kode57 Enjiに続くワンオフ車のプロジェクトも進行中。ベース車両はフェラーリではなくランボルギーニで、すでに制作段階に入っているという。

(webCG 関)

→「KEN OKUYAMA kode57 Enji」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
599, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ 599 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • 第672回:跳ね馬の最新V8モデル 大矢アキオ「フェラーリ・ローマ」を駆る! 2020.9.10 マッキナ あらモーダ! 現代版“ドルチェヴィータ”をコンセプトに掲げてデビューしたフェラーリの最新V8モデル「ローマ」に大矢アキオが試乗! イタリア北部のワインディングロードで「なぜローマ?」の質問に対する回答を考えてみた。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
ホームへ戻る