独BMW、7代目となる新型「5シリーズ」を発表

2016.10.19 自動車ニュース
「BMW 5シリーズ セダン ラグジュアリーライン」
「BMW 5シリーズ セダン ラグジュアリーライン」 拡大

独BMWは2016年10月13日、新型「BMW 5シリーズ セダン」を発表した。

「ラグジュアリーライン」のインテリア。
「ラグジュアリーライン」のインテリア。 拡大
「Mスポーツ」のエクステリア。
「Mスポーツ」のエクステリア。 拡大
「M550i xDrive」
「M550i xDrive」 拡大

「530e iパフォーマンス」のプラグインハイブリッドシステム。


	「530e iパフォーマンス」のプラグインハイブリッドシステム。
	拡大
「ラグジュアリーライン」のリアビュー。
「ラグジュアリーライン」のリアビュー。 拡大

■従来モデルより100kgの軽量化を実現

BMW 5シリーズは欧州Eセグメントに属するBMWの基幹モデルのひとつであり、1972年の誕生以来、6世代で累計760万台以上が販売されている。今回の新型は、7代目のモデルとなる。

ボディーサイズは従来モデルとほぼ同等の、全長×全幅×全高=4936×1868×1479mm、ホイールベース=2975mm。一方、車重については車体にアルミニウムと高張力鋼板を多用することで、従来モデルより約100㎏の軽量化、および低重心化を実現しているという。また、新しいボディーは優れた空力性能も特徴で、空気抵抗の指標となるCd値は0.22に抑えられている。

パワーユニットの種類は豊富で、ガソリン車としては2リッター直4ターボエンジン(最高出力252ps/最大トルク35.7kgm)を搭載する「530i」「530i xDrive」、3リッター直6ターボエンジン(同340ps/同45.9kgm)を搭載する「540i」「540i xDrive」、4.4リッターV8ツインターボエンジン(同462ps/同66.3kgm)を搭載する「M550i xDrive」をラインナップ。ディーゼル車としては2リッター直4ターボ(同190ps/同40.8kgm)の「520d」「520d xDrive」、3リッター直6ターボ(同265ps/同63.2kgm)の「530d」「530d xDrive」を用意している。

このほかにも、2リッター直4ガソリンターボエンジンとモーターを搭載し、45kmの一充電走行可能距離を実現したプラグインハイブリッド車の「530e iパフォーマンス」(同252ps/同42.8kgm)や、ディーゼル車の中でも特に燃費性能に特化した「520dエフィシェントダイナミクスエディション」(同190ps/同40.8kgm)もラインナップ。後者については、3.9リッター/100km(約25.6km/リッター)という燃費を実現しているという。トランスミッションにはいずれも8段ATが組み合わされる。

欧州での市場投入の時期は、530i、530i xDrive、540i、540i xDrive、520d、520d xDriveが2017年2月11日、530d、530d xDrive、530e iパフォーマンス、520dエフィシェントダイナミクスエディション、M550i xDriveが3月以降とアナウンスされている。

(webCG)

→新型「BMW 5シリーズ」のより詳しい画像はこちら
 

関連キーワード:
5シリーズ セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW 5シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • 第34回:BMW 3シリーズ(後編) 2019.5.22 カーデザイナー明照寺彰の直言 従来のモデルを大事にし、より洗練させていくのがBMWデザインの真骨頂……のはずが、新型「3シリーズ」はどうもそうはなっていない様子。自動車デザイナー明照寺彰が、次世代の大黒柱の“気になるポイント”を語るとともに、BMWデザインのゆらぎの原因を探った。
  • 第33回:BMW 3シリーズ(前編) 2019.5.15 カーデザイナー明照寺彰の直言 世界が認めるDセグメントのベンチマーク「BMW 3シリーズ」。7代目となる新型「G20」のデザインを通し、現役のカーデザイナー明照寺彰が、ドイツと日本の“自動車デザインの仕方”の違いと、BMWのデザインの変遷を語る。
  • BMWが新型「3シリーズ」のラインナップを強化 2019.5.27 自動車ニュース BMWジャパンは2019年5月24日、スポーツセダン「BMW 3シリーズ」に搭載するパワートレインの追加バリエーションを発表した。最高出力190psの直4ディーゼルや同292psのPHEV、同387psの直6ガソリンターボを新たにラインナップしている。
ホームへ戻る