アウディ、「A4/A4アバント」に「1.4 TFSI」モデルを追加

2016.10.25 自動車ニュース
「アウディA4」
「アウディA4」 拡大

アウディ ジャパンは2016年10月25日、「A4」「A4アバント」の1.4リッターターボエンジン搭載モデルを発表。限定車「A4 1.4 TFSI 1st edition」「A4アバント 1.4 TFSI 1st edition」とあわせ、同日、販売を開始した。

今回、A4/A4アバントの新たなエントリーモデルとして、初めて1.4リッター直4直噴ターボ(1.4 TFSI)エンジン搭載モデルが設定された。最高出力150ps、最大トルク25.5kgmを発生。7段Sトロニックが組み合わされ、前輪を駆動する。JC08モードの燃費値は、16.6km/リッター。

「プレセンスシティ」「プレセンスベーシック」などの先進安全機能が搭載されるほか、「Audi connect」「スマートフォンインターフェイス」といったインフォテインメントシステムも標準で備わる。

このうちスポーティーグレードと位置づけられる「A4 1.4 TFSIスポーツ」「A4アバント 1.4 TFSIスポーツ」は、クローム調のスポーツエクステリアや、17インチアルミホイールで、より精悍(せいかん)なスタイルが演出される。インテリアにはサポート性に優れたシートヒーター付きのスポーツシートを採用。スポーツサスペンションと相まって、心地よいドライビングダイナミクスを実現したとアピールされる。アドバンストキーシステムやリアビューカメラ、アウディパーキングシステムのアシスタンス機能も備わる。

ラインナップと価格は、以下の通り。

  • A4 1.4 TFSI:447万円
  • A4 1.4 TFSIスポーツ:478万円
  • A4アバント 1.4 TFSI:476万円
  • A4アバント 1.4 TFSIスポーツ:507万円

同時に、A4 1.4 TFSIスポーツとA4アバント 1.4 TFSIスポーツをベースとする、A4 1.4 TFSI 1st editionおよびA4アバント 1.4 TFSI 1st editionも限定発売される。これらのモデルには、通常1.4 TFSIや1.4 TFSIスポーツには設定のない「S lineエクステリアパッケージ(S line専用のフロント&リアバンパー、ドアシルトリム、リアディフューザーほか)」が装着され、3ゾーンオートマチックエアコンディショナーが与えられる。

ボディーカラーは、グレイシアホワイトメタリック、ミトスブラックメタリック、デイトナグレーパールエフェクトが選べる。

価格は、以下の通り。(カッコ内は販売台数)

  • A4 1.4 TFSI 1st edition:509万円(220台)
  • A4アバント 1.4 TFSI 1st edition:538万円(230台)

(webCG)

関連キーワード:
A4, A4アバント, アウディ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • アウディA8(4WD/8AT)/A7スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.24 試乗記 くしくも(?)2台そろい踏みでの日本上陸となったアウディの「A8」と「A7スポーツバック」。日本上陸が同時なら、公道試乗会も同時開催。「技術による先進」を掲げるブランドの、“ツートップ”の出来栄えやいかに!?
  • メルセデス・ベンツCLS220dスポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.9.13 試乗記 欧州製4ドアクーペの元祖、「メルセデス・ベンツCLS」が3代目にモデルチェンジ。“新世代メルセデスデザイン”の嚆矢(こうし)として語られることの多い新型CLSだが、実車に触れてみると、ほかにも多くの特筆すべきポイントが見受けられたのだった。
ホームへ戻る