Beatsのオーディオを搭載する「フォルクスワーゲン・ポロ」限定発売

2016.11.02 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロ with beats」
「フォルクスワーゲン・ポロ with beats」 拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月2日、コンパクトカー「ポロ」の特別仕様車「ポロ with beats」を、400台限定で発売した。

「ポロ with beats」のリアビュー。
「ポロ with beats」のリアビュー。 拡大
インテリアの様子。Beatsのブランドロゴがあしらわれた専用のシートが装着される。
インテリアの様子。Beatsのブランドロゴがあしらわれた専用のシートが装着される。 拡大
ドアシルプレートにも「beatsaudio」のロゴが添えられる。
ドアシルプレートにも「beatsaudio」のロゴが添えられる。 拡大

特別装備の16インチアルミホイール。ピュアホワイトのボディーにはホワイトのホイールが、フラッシュレッドのボディーにはブラックのホイールが組み合わされる。


	特別装備の16インチアルミホイール。ピュアホワイトのボディーにはホワイトのホイールが、フラッシュレッドのボディーにはブラックのホイールが組み合わされる。
	拡大

今回のポロ with beatsは、「ポロTSIコンフォートライン」がベースの限定車。300W/8チャンネルのパワーアンプにデジタルプロセッサー、6個のスピーカー、サブウーハーをセットにしたプレミアムサウンドシステム「beats sound system」を搭載したうえで、Beatsの世界観をイメージしたドレスアップが施されている。

エクステリアは、専用のデコレーションフィルムやドアミラー、16インチアルミホイールを装備。インテリアについては、専用のドアシルプレート、前席用フットウェルランプ、レッドステッチ入りのシートベルト、Beatsのブランドロゴである“bマーク”があしらわれた専用のアルカンターラ×ファブリックシートが与えられる。

オンラインサービス「Car-Net」のひとつである「App-Connect」を搭載した、純正インフォテイメントシステム「Composition Media」も標準装備。スマートフォンと接続するだけで「Mirror Link」やアップル社の「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」が利用できる。

価格は、239万9000円。ボディーカラーは、ピュアホワイトとフラッシュレッドの2色がラインナップされ、それぞれ200台ずつ、計400台が販売される。

(webCG)

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ポロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/7AT)【試乗記】 2015.3.11 試乗記 1.8リッター直噴ターボエンジンを搭載した「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。フォルクスワーゲンが提案する、新しい「走る喜び」に触れた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.18 試乗記 フォルクスワーゲンのBセグメントコンパクト「ポロ」に、新エンジン「1.5 TSI Evo」を搭載したスポーティーな新グレード「TSI Rライン」が登場。かむほどに味が出る、ジャーマンコンパクトならではの走りをリポートする。
  • プジョー308 2021.3.18 画像・写真 プジョーの基幹車種であるハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型が、2021年3月18日にデビューした。新エンブレムが装着されたエクステリアや直線的なデザインのインテリアを、写真で紹介する。
  • アウディがコンパクトセグメントのピュアEV「Q4 e-tron/Q4スポーツバックe-tron」を発表 2021.4.15 自動車ニュース 独アウディは2021年4月14日(現地時間)、コンパクトセグメントのピュアEV「Q4 e-tron」と「Q4スポーツバックe-tron」をオンラインで発表した。いずれも同年6月に欧州で販売を開始する予定。
ホームへ戻る