DTMチャンピオン獲得を記念した「BMW M4クーペ」の限定車が登場

2016.11.14 自動車ニュース
「BMW M4 DTMチャンピオンエディション」
「BMW M4 DTMチャンピオンエディション」拡大

BMWジャパンは2016年11月14日、「BMW M4クーペ」の特別仕様車「DTM Champion Edition(チャンピオンエディション)」を25台の台数限定で発売すると発表。同日、注文受け付けを開始した。価格は2051万円。納車は、2017年4月からを予定している。

ボディーサイドやルーフ、トランクリッドのMストライプとリアウイングが、ただ者ではない印象を与える。
ボディーサイドやルーフ、トランクリッドのMストライプとリアウイングが、ただ者ではない印象を与える。拡大
シートベルトは3点式と、サーキット走行用の6点式を両方備える。
シートベルトは3点式と、サーキット走行用の6点式を両方備える。拡大
「BMW M4 DTMチャンピオンエディション」と、DTMの2016年ドライバーズタイトルを獲得したマルコ・ヴィットマン選手。
「BMW M4 DTMチャンピオンエディション」と、DTMの2016年ドライバーズタイトルを獲得したマルコ・ヴィットマン選手。拡大

今回の特別仕様車は、BMWモータースポーツがBMW M4クーペで参戦するドイツツーリングカー選手権「DTM」で、マルコ・ヴィットマン選手が2014年シーズンに続いて2016年シーズンも年間ドライバーチャンピオンを獲得したことを記念して設定されたモデルである。全世界200台限定のうち、25台が日本市場向けに導入される。

エンジンはM4クーペの3リッター直6ターボをベースに、「M4 GTS」と同様、ウオーターインジェクションシステムを採用。ベースエンジンより69psと5.1kgm強力な最高出力500psと最大トルク61.2kgmを発生する。トランスミッションはツインクラッチ式の7段ATが組み合わされており、0-100km/h加速は3.8秒(ヨーロッパ仕様車値)とアピールされる。

エクステリアはBMWモータースポーツのDTMレースカーの外観をモチーフとして、純白のアルピンホワイトのボディーカラーを採用したほか、ボンネット、ボディーサイド、CFRP(炭素繊維強化樹脂)製ルーフ、トランクリッドにはMストライプのボディーフィルムが施される。また、CFRP製のリアウイング、リアディフューザー、フロントスプリッター、フロントエアロフリックなどにより、効果的なエアロダイナミクスも実現したという。さらにテールランプにはオーガニックLED(OLED)テクノロジーが採用されている。

インテリアでは、運転席と助手席にCFRP製Mバケットシートが採用されるほか、フロントシート後部のロールバーとサーキット走行用の6点式シートベルト(公道では使用不可)も装備するなど、レーシングパフォーマンスを高めた軽量かつスパルタンな室内空間とされている。また、アルカンターラ仕上げのMスポーツステアリングホイールには、“12時”の位置にグレーのマーキングが施される。

足まわりにもチューニングが施されており、ドライビングシチュエーションに応じてダンピング特性を調整できるMコイルオーバーサスペンション、高い耐摩耗性と耐フェード性を持ち合わせたMカーボンセラミックブレーキシステムなどが搭載される。

これらを含む、主な特別装備は以下の通り。

  • ボディーカラー:アルピンホワイト
  • 専用Mストライプボディーフィルム(ボンネット/ボディーサイド/ルーフ/トランクリッド)
  • BMW Individualハイグロスブラックシャドーライン キドニーグリル/サイドギル
  • BMW M Performanceカーボンフロントスプリッター
  • 専用CFRP製フロントエアロフリック
  • 専用Mアロイホイールスタースポーク スタイリング666M(オービットグレーマット塗装)
  • 専用CFRP製 サイドスカートアタッチメント
  • BMW M Performanceカーボンミラーカバー
  • 専用CFRP製リアウイング
  • BMW M Performanceカーボンリアディフューザー
  • 専用チタン製マフラー/テールパイプ
  • 専用オーガニックLED(OLED)テールランプ
  • 専用CFRP製Mバケットシート(レザーメリノ ブラック)
  • 3点式シートベルト(Mストライプ付き)
  • 専用アルカンターラMスポーツステアリングホイール(センターマーク付き)
  • 専用アルカンターラアンソラジットトリム/センターコンソール/ハンドブレーキ
  • 専用アンソラジットドアトリム/ストラップ(Mストライプ付き)
  • クラブスポーツパッケージ(専用ロールバー、 6点式シートベルト<公道では使用不可>)
  • Mカーボンセラミックブレーキシステム
  • 専用Mコイルオーバーサスペンション(車高/減衰速度調整式)
  • 専用ミシュランパイロットスポーツ カップ2タイヤ (フロント265/35 R19、リア285/30 R20)
  • Mドライバースパッケージ(スピードリミッター上限が250km/hから305km/hに変更)
  • BMWコネクテッドドライブプレミアム

(webCG)

関連キーワード:
M4クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M4クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • 新型シボレー・コルベット(前編) 2021.5.31 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが、新型「シボレー・コルベット」の日本でのデリバリー開始に合わせ、日本仕様を初公開した。富士スピードウェイで行われたお披露目会の会場から、史上初となる“右ハンドルのコルベット”の姿を写真で紹介する。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.6.2 試乗記 キャデラックの新作セダン「CT5」がいよいよ日本に導入された。世界的にSUVが伸長するなかで、アメリカを代表するプレミアムブランドが世に問うたセダンの姿とは? “いまどきのキャデラック”のキャラクターを体現した、ニューモデルの実力を試す。
ホームへ戻る