メルセデス・ベンツ、「Gクラス」の一部仕様装備を変更

2016.11.14 自動車ニュース
「メルセデスAMG G65」
「メルセデスAMG G65」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2016年11月11日、クロスカントリーモデル「Gクラス」の一部仕様装備を変更し、販売を開始した。

「COMANDシステム」は「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応している。
「COMANDシステム」は「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応している。拡大
「メルセデスAMG G65」に標準装備されるツートーンダッシュボード。
「メルセデスAMG G65」に標準装備されるツートーンダッシュボード。拡大

今回の仕様変更では、インフォテインメントシステムの改良と、内外装のブラッシュアップが行われた。

全モデルに標準装備されるインフォテインメントシステム「COMANDシステム」は、8インチのディスプレイが備えられ、パーキングアシストリアビューカメラは、後退時にガイドラインが表示されるようになった。また、Apple社の「Apple CarPlay」とGoogle社の「Android Auto」に対応しており、オーディオ、テレビのほか、ビデオやハンズフリー通話、インターネット接続などが行える。

エクステリアでは、足まわりをスポーティーかつ精悍(せいかん)に演出する「ブラックホイール」を採用した(「G350d」を除く)ほか、「AMG G63」と「AMG G65」にはボディーサイドにカーボンファイバーデザインストリップを装備している。

一方インテリアでは、ナッパレザーを使用した「ツートーンダッシュボード」がAMG G65に標準装備とされた(AMG G63にはオプション設定)。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • G350d:1080万円
  • G550:1530万円
  • AMG G63:1971万円
  • AMG G65:3564万円

(webCG)

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Gクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.15 試乗記 SUVに流麗なクーペスタイルを組み合わせたクロスオーバーSUVの先駆け「BMW X6」がフルモデルチェンジ。最高出力265PSの3リッター直6ディーゼルターボを搭載する「xDrive35d Mスポーツ」に試乗し、多くのフォロワーを生み出した人気の秘密を探った。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツの本格クロカン「Gクラス」に、最高出力286PS、最大トルク600N・mの新世代直6ディーゼルエンジンを搭載する「G350d」が追加された。最もリーズナブルなプライスを掲げながらも本命との呼び声も高い、新グレードの実力やいかに?
  • 第177回:フェラーリの事故今昔物語 2020.5.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第177回は「フェラーリの事故今昔物語」。購入したばかりの「348GTS」の車両保険をめぐり、ある疑問が湧き起こる。事故リスクが想定外に低く算定されていたのはナゼ? 過去と現在を比べ、その背景について考察する。
ホームへ戻る