コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場

2016.11.16 自動車ニュース
「シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ ヘリテージ」
「シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ ヘリテージ」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2016年11月10日、高性能スポーツモデル「シボレー・コルベット」に、より動力性能を高めた新グレード「グランスポーツ」を設定し、販売を開始した。

 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像拡大
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像拡大
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像拡大
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像拡大
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像拡大
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像拡大
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像拡大
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像拡大
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像拡大
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像拡大
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像拡大

往年のレーシングスポーツの名を冠する高性能モデル

グランスポーツとは、往年のレーシングスポーツモデルの名にあやかった新しい高性能スポーツグレードである。

オリジナルとなる1963年式グランスポーツは、モータースポーツでの活躍を念頭に開発された特殊なモデルであり、当初はGTレースのホモロゲーションを取得するために125台の量産が予定されていた。しかしGMがモータースポーツにおけるワークス活動を停止したことから量産計画は立ち消えとなり、わずか5台が手作業で生産されるのみとなった。

その後、1996年にC4コルベットの最終記念モデルとしてグランスポーツの名が復活(1000台限定)。2010年にはベースグレードと「Z06」の間に位置する高性能モデルとしてC6コルベットに同名のグレードが設定され、日本でも2012年より販売が行われた。

今回設定された“新グランスポーツ”では、最高出力466ps、最大トルク64.2kgmを発生する6.2リッターV8 OHVエンジンはそのままに、シャシーチューニングと空力性能の改善によって動力性能を強化。GMジャパンは同車を「コルベット史上、最も純粋なスポーツモデル」とうたっている。

主な仕様と装備は、以下の通り。

・ドライサンプ潤滑システムとアクティブ・エグゾースト・システムを備えたLT1型 V8エンジン
・グランスポーツ ワイドボディー
・カーボンフラッシュペインテッドグラウンドエフェクトパッケージ
・ボディーカラードカーボン製ルーフパネル
・グランスポーツ専用サテンブラックアルミホイール(レッドストライプ付き、前:19インチ、後ろ:20インチ)
・ミシュラン・パイロットスーパースポーツランフラットタイヤ(空気圧センサー付き、前:P285/30ZR19、後ろ:P335/25ZR20)
・ブレンボ製ブレーキシステム(前:6ピストン式キャリパー+370 mmディスク、後ろ:4ピストン式キャリパー+365 mmディスク)
・マグネティックセレクティブライドコントロール、パフォーマンストラクションマネジメントシステム(5モード)
・電子制御LSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)
・7段マニュアル・トランスミッション(アクティブ・レブマッチング機能付き)
・8段オートマチック・トランスミッション(パドルシフト/リモートスタート機能付き)
・グランスポーツ専用Z07パフォーマンスパッケージ+パフォーマンスデータレコーダー(受注発注オプション)
・グランスポーツ専用レーシングデカール(ホワイト、アクセサリー)
・グランスポーツ専用ハッシュマーク(5色設定、アクセサリー)

なお、Z07パフォーマンスパッケージはカーボンセラミック製ブレーキと「ミシュラン・パイロットスポーツ Cup2」からなる。同パッケージを装着することにより、ノーマルモデルでは1.05Gとなっているスキッドパッドでの横Gを、1.2Gまで高めることができるという。

コルベット グランスポーツの価格は以下の通り。
・グランスポーツ クーペ(7MT):1210万円
・グランスポーツ クーペ(8AT):1227万円
・グランスポーツ コンバーチブル(8AT):1287万円

15台限定の記念モデルも登場

同時に、グランスポーツの設定を記念した限定モデルとして「グランスポーツ ヘリテージ」を設定。2016年11月22日午後8時までの期間限定で購入予約を受け付けている。

グランスポーツ ヘリテージは、グランスポーツ クーペの8段AT車をベースに、内外装をドレスアップしたものであり、ボディーの左右にはグランスポーツの象徴である“ハッシュマーク”を採用。足元には、レッドストライプ付きのサテンブラックホイールとレッドのキャリパーを装着(ボディーカラーがイエローの場合はイエローキャリパー)している。

具体的な特別装備は以下の通り。
・デカール:グランスポーツの象徴であるトーチレッドフェンダーハッシュマーク付き
・ブラッシュドアルミハッシュマーク
・ツートンスエーデッドマイクロファイバーインサート付きGTシート
・スエーデッドマイクロファイバーラップド3スポークフラットボトムステアリング
・レッドインテリア(ボディーカラー:ブラック、アークティックホワイト)/グレーインテリア(ボディーカラー:コルベットレーシング イエロー)
・レッドカラーシートベルト(ボディーカラーがコルベットレーシングイエローの場合はブラック)

価格は、ボディーカラーがブラックとアークティックホワイトの場合は1243万円、コルベットレーシングイエローの場合は1255万9000円。販売台数はそれぞれ5台限定の、計15台となっている。

(文=webCG/写真=高橋信宏

関連キーワード:
コルベット, コルベット コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 8代目「シボレー・コルベット」が登場 ミドシップの駆動レイアウトを初採用 2019.7.19 自動車ニュース GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット」を発表。コルベット史上初となるMRの駆動レイアウトが用いられており、495hpを発生するエンジンと軽量ボディーの組み合わせにより、0-60mph(96km/h)加速3秒以下という動力性能を実現している。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
ホームへ戻る