【LAショー2016】「ウラカン スパイダー」に後輪駆動モデルが登場

2016.11.16 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー」
「ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー」拡大

伊ランボルギーニは2016年11月15日(現地時間)、ロサンゼルスオートショー(開催期間:2016年11月14日~27日)で「ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」を発表した。

 
【LAショー2016】「ウラカン スパイダー」に後輪駆動モデルが登場の画像拡大
 
【LAショー2016】「ウラカン スパイダー」に後輪駆動モデルが登場の画像拡大
 
【LAショー2016】「ウラカン スパイダー」に後輪駆動モデルが登場の画像拡大

ピュアな走りが味わえるオープンモデル

ウラカンにはこれまで4WDのクーペ「LP610-4」、4WDのオープン「LP610-4スパイダー」、後輪駆動のクーペ「LP580-2」がラインナップされてきたが、今回このファミリーに新たに後輪駆動のオープンであるRWDスパイダーが設定された。

他のウラカンと同様に5.2リッターV10自然吸気エンジンを搭載し、パワーとトルクはLP580-2と同じ580psと55.1kgmを発生する。0-100km/hは3.6秒、最高速度は319km/hとアピールされる一方で、1000rpmで最大トルクの75%を発生するよう設計されており、実用性も重視されている。

組み合わされるトランスミッションも他のモデルと同様に7段デュアルクラッチ式ATで、電動パワーステアリングや可変ステアリングギアレシオ機構「ランボルギーニダイナミックステアリング(LDS)」は専用の設定に。また、ブレーキにはアルミのキャリパーが採用され、軽量化だけでなく冷却効果も強化された。

ウラカンRWDスパイダーは、フロント、リアともに新しいデザインが採用されている。フロントにあけられた大きな吸気口は、外観上のアクセントになるだけでなく、冷却性能やフロントアクスルのダウンフォースの向上に一役買っている。一方、リアでは、ルーフを閉じると2枚のフィンが立ち上がる。このフィンは座席背面からルーフへとラインを描くように配置されており、パワフルな外見を強調するとともに、エンジンコンパーメント内の気流の最適化にも寄与している。ソフトトップが開閉に要する時間は17秒。

ドライビングモードを「ストラーダ」「スポルト」「コルサ」から選択できる「ANIMA」ボタンや、エンジンの低負荷時に10気筒中5気筒が休止する気筒休止機能なども、他のウラカンと同様に備わっている。

価格は未定だが、「二輪駆動クーペ(日本での車両価格は2535万840円)と四輪駆動クーペ(同2970万円)の間」とコメントされており、2017年1月に発売される予定。

(webCG)

関連キーワード:
ウラカン スパイダー, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー/アヴェンタドールSVJロードスター 2019.3.6 画像・写真 伊ランボルギーニは2019年3月5日(現地時間)、V10エンジン搭載の「ウラカンEVOスパイダー」とV12エンジン搭載の「アヴェンタドールSVJロードスター」を、ジュネーブモーターショー発表。それぞれを写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2018.11.20 試乗記 空力特性を変化させ走行性能を高める空力デバイスや、軽量なフォージドカーボンを採用した「ウラカン」のハイパフォーマンスグレード「ペルフォルマンテ」。そのオープン版として追加された「スパイダー」はどんなパフォーマンスを見せるのか?
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • レクサスRC Fトラックエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.1 試乗記 マイナーチェンジが行われた「レクサスRC F」に、日本での正式発表に先立ち米カリフォルニア州パームスプリングスで試乗。熱い走りを予感させる「トラックエディション」と名付けられた、新たなトップモデルのパフォーマンスに迫る。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
ホームへ戻る